施設案内
Facility information

我孫子ロイヤルケアセンターについて

平成10年に我孫子市初の介護老人保健施設として開設しました。
利用者様、御家族様そして地域の皆様に「愛し愛される施設」を目指し、平成30年で20年を迎えました。
介護・看護を必要とする方に、安心して質の高い介護・看護・リハビリテーションが受けられる環境を提供します。

当施設は、4階建150床の居室を有し、
 

    1階 デイケア
    2階 認知症専門棟
    3階 在宅復帰病棟(リハビリ強化病棟)
    4階 長期療養・ターミナルケア病棟

    それぞれの専門機能と各階との連携をする事で、
    利用者様の介護・看護・身体機能の回復を支援します。

    当施設で働く職員は、利用者様一人一人の希望・目標に合わせて支援する事が出来るよう、専門職として日々の教育・研鑽を行っています。
    同時に、介護・看護・リハビリーション等を通じて心に安らぎをもてるように明るい家庭的な生活を提供しています。

    また、地域活動やボランティア活動、協力病院・協力歯科と連携し、
    地域一体型の保健・医療・福祉の実現を行います。

我孫子ロイヤルケアセンターの特徴

    • 医師による医学的管理のもと、看護・介護を提供します。
    • 24時間365日看護・介護を提供します。
    • 自宅復帰の希望を叶える為、リハビリテーションの回数を多く実施します。
    • 言語聴覚士(リハビリ)と管理栄養士の連携で、口からお食事を取れるよう支援します。
    • 認知症介護の専門スタッフ(認知症介護指導者)が在籍しています。
    • 施設内の環境管理に力を入れ、感染管理、におい0(ゼロ)を行います。
    • 季節のイベント、クラブ活動、地域ボランティア活動を積極的に実施します。 (音楽クラブ、書道クラブ、華道クラブ、囲碁クラブ)

長期入所(ロングステイ)

リハビリの提供で(身体機能の維持)をおこないます。

施設長 中嶋 明彦

利用者様1人1人の介護計画を作成し、
医師による利用者様の症状に対応する医療サービス、
看護師による24時間の看護、
利用される方の食事・入浴などの生活介助、
週3回~最大6回のリハビリテーション、
日々のレクリエーション、季節のイベントなどのサービスを提供します。

長期入所期間中は、定期的に
利用者様・御家族様と施設の担当ケアマネージャー、相談員、担当スタッフが打合せを行います。
利用者様の症状・ご希望に沿った
在宅支援を行って行きます。

短期入所療養介護(ショートステイ)

希望に合わせて1日~30日の利用が可能です。

施設長 中嶋 明彦

家族の介護、病気や冠婚葬祭など
社会的及び私的な理由により一時的に介護が 必要になった場合に、当施設のサービス利用する事が出来ます。
利用者様・御家族様のご希望に合わせて、施設車両で送迎を行います。
期間は1日~30日までがご利用いただけます。
利用期間中は、医師による医療サービス、看護師による看護、介護、リハビリテーション、季節のイベント等のサービスが利用できます。

歯磨き、パジャマへの着替えなど、生活動作の練習も併せて行なっています。

通所リハビリテーション(デイケア)

規則正しい生活とリハビ入りテーションを提供します。

施設長 中嶋 明彦

朝夕で送迎を行う、宿泊をしない日帰りのサービスです。
医師と相談のうえ、専門スタッフによる適切な指導のもとに、
入浴(生活サービス)、食事(栄養指導)、リハビリテーション、レクリエーションのサービスをご提供します。
専用車両による送迎の為、車椅子での乗車が可能です。
規則正しい生活のリズムをつくりましょう。

デイケアは月~土の週6回実施しています。
利用者様のご希望に合わせて、曜日・時間を選ぶ事が出来ます。
※ご利用回数や、ご利用時間は認定度やケアプランによって異なります。

  • サービス提供時間① 9時30分~16時   (昼食付)
  • サービス提供時間② 9時30分~19時30分(昼食・夕食付)

ご利用の相談について

ご相談したいことやご不明な事がございましたらご連絡ください。
介護支援専門員(ケアマネジャー)が対応いたします。

☎︎04-7157-2881

専門スタッフ

    • 医師
      老人保健施設は、医師による医学的管理のもとに日々の看護・介護、リハビリテーションを行います。
      我孫子ロイヤルケアセンターは、常勤医師1名、非常勤医師2名で利用者様の健康管理を行います。
      また、病院での医療が必要かどうかの判断を行う事が出来ます。
      提携している協力医療機関の医師との連携をスムーズに行う事で安心した入所を行う事が出来ます。
    • 看護師
      医師の指示のもと、医療的ケアを行います。
      24時間365日(夜間帯は2名の看護職員)利用者様の心身の状態にあわせたケアを実施しています。
      介護職と連携して利用者様の体調不良等を早期発見・早期対応を行います。
      下記記載のケア以外でも相談可能です。
    • 対応できる医療ケア

      ・膀胱留置カテーテル、膀胱瘻
      ・ターミナルケア
      ・認知症(若年性を含む)
      ・精神疾患
      ・胃ろう
      ・腸ろう
      ・吸引
      ・インスリン(定量接種)
      ・在宅酸素
      ・褥瘡
      ・導尿

      資格・修了研修

      認知症介護指導者
      千葉県高齢者権利擁護・身体拘束廃止研修管理者課程 修了者
      認定看護管理者「ファーストレベル」「セカンドレベル」「サードレベル」

    • 介護福祉士・ケアワーカー
      利用者様1名1名の個別の援助計画を作成し、 食事、排泄、入浴介助など生活に欠かせないケアはもちろん、
      話を聞いたり、リハビリのお手伝いといった日常ケアを実施します。
      看護との連携により24時間365日のケアを実施します。
      買い物や外食、外泊などの外出支援を行い、自宅へ帰る為の準備支援を行います。
      認知症介護、高齢者介護の施設内・外の研修に参加し研鑽を積んでいます。
    • 資格・修了研修

      認知症介護指導者
      認知症介護実践リーダー研修修了
      認知症介護実践者研修修了
      介護福祉実習指導者講習修了
      喀痰吸引実地研修修了
      千葉県高齢者権利擁護・身体拘束廃止研修専門課程修了
      千葉県高齢者権利擁護・身体拘束廃止研修基礎課程修了
      介護予防・自立支援・パワーリハビリテーション研究会研修修了
      音楽療法士

    • 薬剤師
      医師の指示のもと入所中の利用者様のお薬の管理を行います。
      またIMS(イムス)グループ 新松戸中央総合病院と連携を行う事で利用者様の適切なお薬の管理を行います。

    • 管理栄養士
      利用者様の栄養管理だけでなく、季節に合わせた食事イベントを開催し、
      利用者様に味覚・視覚にも喜んでもらえる食事の提供を行います。
      言語聴覚士(リハビリ)と連携し、適切な食事形態の提案を行い、口から食事を食べ続けられるように支援を行います。

    • 理学療法士
      理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。
      基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、また予防を目的に、
      動作改善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。
      理学療法士(リハビリスタッフ)とケアマネージャーが連携し、利用者様の医学的・社会的視点から
      身体能力やご自宅などの生活環境等を十分に評価します。
      利用者様一人一人の目標に向けて適切な計画を作成します。

    • 作業療法士
      作業療法士は、Occupational Therapist(OT)とも呼ばれます。
      家事や入浴、着替え、排せつなどの日常生活の動作や手工芸、レクリエーションなどの日常生活全体の営みのことを指します。
      障害や精神的な問題、ケガや病気などで、日常生活が困難にならない様に作業の能力を回復させ、日常生活の自立を目指します。
      作業療法士(リハビリスタッフ)とケアマネージャーが連携し、利用者様の医学的・社会的視点から
      身体能力やご自宅などの生活環境等を十分に評価します。
      利用者様一人一人の目標に向けて適切な計画を作成します。

    • 言語聴覚士
      話す、食べる、飲み込む(嚥下機能)等の動作は病気や加齢で衰えて行きます。
      嚥下機能が低下すると食事を口から食べる事が出来なくなってしまう事があります。
      話をする事によるコミュニケーション、口から食事をとる嚥下機能を維持し、
      自分らしい生活が出来るように支援していきます。
      栄養科と連携し、適切な食事形態の提案を行い、口から食事を食べ続けられるように支援を行います。

    • 支援相談員(社会福祉士)
      入所相談から生活相談までを担当します。
      支援相談員は、福祉に関する専門的知識を用いて、利用者様の身体・環境的な問題に対して、
      相談・助言・調整を行います。
      5名の専門担当者が電話対応から入所まで丁寧に説明します。

    • ケアマネージャー(介護支援専門員)
      ケアマネジャー(介護支援専門員)は入所中の利用者様に
      どのようなサービスが必要であるかを把握してケアプランを作成します。
      利用者様が必要なサービスを受ける事が出来るように
      施設職員(医師・看護師・介護士・リハビリ)連携を行います。