(財)日本医療機能評価機構 Ver.5.0認定病院

病院のご案内

病院の取り組み

職員向けに認知症サポーター講座を行いました

9月28日(金) 2階会議室

認知症治療病棟を持つ当院では、認知症の方を適切に支援するため
医師、看護師、精神保健福祉士、臨床心理士、事務で構成される“認知症あんしんサポートチーム”
(通称あんサポチーム)が中心となり啓蒙活動を行っております。
今回、あんサポチームが職員向けに認知症サポーター講座を行いました。
当院で起こった事例を交えながらサポーターとしてどの様に認知症の方に対応すべきかを
レクチャーし、2回の講演で合計40人弱の職員が新たな認知症サポーターとなりました。
次回は地域のケアマネージャーさんに対して講義を行う予定です。


クリックで拡大


消防避難訓練を行いました

9月26日(火) 病院全体

地震や火災等の災害に備えて、病院職員向けに消防避難訓練を実施致しました。
今回の訓練では約50名職員が参加し、被害拡大を最小限に抑えるために重要な初動30分の動きについて、
消火器使用方法や避難誘導の訓練を行いました。
職員が災害発生時、適切に行動し、患者様の安全を確保できるよう努めて参ります。


病院救急車ストレッチャー訓練を行いました

9月14日(金) 1階病院駐車場

当院では、患者さまの急変時に、自ら救急車を使用し搬送することがございます。
この度あらためて、職員向けに救急車ストレッチャーの使用方法について訓練を行いました。
当日は、事務、看護師、リハビリスタッフなど多職種10名が集まり、操作方法や注意点などの説明を聞きました。
今後も患者さまが安全に入院ができる様に体制を整えていきます。


院内にて夏まつりを開催しました

7月30日(月) 2階精神デイケアルーム

毎年恒例の夏まつりを行いました。
来場した患者さまの数は、昨年よりも多く100名ほどで、会場内ではヨーヨー釣り、射的、わなげ、糸引きくじなどの催しを行いました。
当日は担当職員も、はっぴや浴衣に身をつつみ、患者さまやご家族さまと共に盆踊りを楽しみました。
中でも、職員と患者さまで一緒に作り上げる神輿は、夏まつりの目玉となっており、
祭の後、完成した神輿を担ぎ、会場に来られなかった患者さまの待つ病棟を練り歩きました。
お囃子の音や「わっしょいわっしょい」のかけ声と共に現われた神輿に、
病室から出られなかった患者さまの顔にも笑顔があふれました。
今後も、病院に来られた方に楽しい思い出を演出できるような企画を考えてまいります。



病院相談員向け回復期リハビリテーション病棟見学会を実施しました

7月25日(土) 6F回復期リハビリテーション病棟

7月から開設した回復期リハビリテーション病棟の見学会を他病院の相談員向けに実施し、
7病院16名の方にご参加頂きました。
当院の事を患者さまに間接的にお伝えいただく相談員さんに、当院を直接見て頂いたことで、
今後は今日感じたことを踏まえてより詳細に情報提供しますね。とのご意見を多数頂きました。
リハビリを必要としている1人でも多くの人に当院を活用して頂ければと思っております。



IMSグループ医療法人社団 明芳会 江田記念病院

〒225-0012
神奈川県横浜市青葉区あざみ野南1丁目1番地
TEL.045-912-0111(代表)

ページの先頭へ戻る
Copyright (c) 2013 Eda Memorial Hospital All Rights Reserved.