(財)日本医療機能評価機構 Ver.5.0認定病院

看護部のご案内

病棟紹介

3階病棟(認知症治療病棟)

加藤 充恵

3階病棟師長  加藤 充恵かとう みつえ

当病棟は認知症治療病棟なので、認知症の周辺症状(BPSDー行動・心理症状)がある患者様の受け入れを行っています。多くの患者様はBPSDー夜間せん妄・妄想・幻覚・被害妄想・粗暴な行動・介護拒否・徘徊・失禁・不潔行為・異食・抑うつなどの症状がある事により、生活機能が妨げられてしまいます。当病棟では、薬物療法はもちろんですが、精神科作業療法(体操・歌・フーセンバレー・手作業・ビデオ鑑賞など)で患者様の認知機能が少しでも維持向上ができるように、生活機能回復訓練として日常生活動作(食事動作・排泄動作・入浴動作・移動など)が維持向上できるように、作業療法士と共に看護・介護させていただいています。

認知症が治癒する事はありませんが、ある程度は症状を抑えることはできます。薬物療法はもちろんですが、それだけでなく介護する側の関わりひとつで変化があったりもします。日々の患者様の状態や変化を観察し、患者様自身の心の声が聞けるような関わりができるように、認知症専門の病棟としてスタッフ一人一人が個々のスキルアップにも励んでおります。

自宅で介護している場合、BPSDがある事でご家族さまへの負担が大きくなります。特養や老健に入所したくてもBPSDがある事により難しくなります。患者様の今後に対して悩みを抱えているご家族さまが多くいます。症状が落ち着き、自宅や施設などご本人さまやご家族さまの希望される退院ができるように、精神科・内科医、看護師、介護士、作業療法士、臨床心理士、ほか沢山の職種が協力し合い、患者様、ご家族さまのご希望に沿える医療の提供ができればと考えております。

IMSグループ医療法人社団 明芳会 江田記念病院

〒225-0012
神奈川県横浜市青葉区あざみ野南1丁目1番地
TEL.045-912-0111(代表)

ページの先頭へ戻る
Copyright (c) 2013 Eda Memorial Hospital All Rights Reserved.