(財)日本医療機能評価機構 Ver.5.0認定病院

外来のご案内

卒煙外来

禁煙をスムーズに成功できるようにサポートする外来で、当院では卒煙外来と呼んでいます。
喫煙は一旦習慣化すると依存状態になります。血液中のニコチン濃度が低下すると、ニコチンに対する渇望感が起こり自分自身の意志だけでは離脱症状を乗り越えることが困難で再喫煙しやすいと言われています。
卒煙外来では、まず受診された方に問診を行います。喫煙歴、日常の喫煙パターン、卒煙外来を訪れた動機などについて確認します。続いて呼気の一酸化炭素(CO)濃度測定を行います。このCO濃度の測定値からニコチン依存の程度を推定できます。卒煙に取り組む意思を確認後にご自身で禁煙宣言書にサインして頂いた後、治療プランを立てます。
治療法はさまざまありますが、当院ではニコチンパッチ貼付法とバレニクリン内服法のいずれかを患者さまの状況に応じて選択しています。保険診療扱いの標準的治療法では前者は8週間コース、また後者では12週間コースの治療となります。
禁煙を開始すると、味覚が改善し、咳や痰が減り、衣類からタバコ臭がなくなる等の様々な変化を感じられるようになります。そして何よりタバコによる健康被害のリスクが非喫煙者のレベルに近づきます。
禁煙に初めて挑戦する方、何度か禁煙を試みたが成功せず再挑戦しようと考えている方は当外来までご相談ください。なお外来は予約制のため、あらかじめお電話等にて、予約を入れてください。

注意

※健康保険適用となる為には、いくつか条件がございます。

チェック1

直ちに(1ヶ月以内)に禁煙をスタートしたいと思っている。

チェック2

1日の喫煙本数×喫煙年数が200を超えている。
例 20本×15年=300 保険適用
  30本×5年=150 保険適用外
※35歳未満は喫煙本数×喫煙年数が200を超えていなくても可

チェック3

禁煙治療を受けることに本人が文書にて同意がある

チェック4

(禁煙外来を利用して失敗している方)前回の治療開始日から1年経過している。
※該当しない方は保険外診療となり、金額が異なります。

チェック5

ニコチン依存症を診断するテスト(TDS)で5点以上
TDS(ニコチン依存症)テスト

ニコチンパッチ薬使用の場合

3割負担 約\14,000-
1割負担 約\5,000-
保険外  約\50,000-

バレニクリン内服法の場合

3割負担 約\20,000-
1割負担 約\7,000-
保険外  約\60,000-

卒煙外来へのお問い合わせ

TEL:045-912-0111(代表)

IMSグループ医療法人社団 明芳会 江田記念病院

〒225-0012
神奈川県横浜市青葉区あざみ野南1丁目1番地
TEL.045-912-0111(代表)

ページの先頭へ戻る
Copyright (c) 2013 Eda Memorial Hospital All Rights Reserved.