病院のご紹介
HOME病院のご紹介>院長挨拶・理念
  • 病院のご紹介
  • 院長挨拶・理念
  • 病院概要・病院沿革
  • 病院指標
  • 個人情報の取り扱い
  • 倫理委員会
  • 施設案内
  • 各部署のご紹介
  • 医療安全の取り組み
  • 感染対策の取り組み
基本理念
安全で最適な医療を提供し、愛し愛される病院として社会に貢献する。
院長ご挨拶
院長 忽滑谷 通夫   イムス富士見総合病院は、急性期病院として活動することを掲げております。よってその機能の充実を図り、一人でも多くの患者様に応えるよう全力を尽くしてまいります。2012年からは、小児科診療が開始となりました。病院として是非とも発展させていかなければなりません。救急医療についての課題も多くありますが、ひとつずつ改善し、「救急もイムス富士見」と言われるような体制を作りたいと思います。
また、地域の医療機関や施設のみなさまにご支持いただけるような連携を進め、地域として継ぎ目のない医療・介護の構築に少しでも寄与できればと考えております。
優しく、おもいやりのある職員とともに、一致団結して進んでまいりますので、今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。
院長  鈴木 義隆
基本方針
急性期病院として1人でも多くの患者さまのニーズに応えるために全力を尽くす。
他の組織や施設と密接に連携してシームレスな医療を構築し、地域のニーズに応える。
医療提供に必要なスキルや接遇マナー、コミュニケーション能力を備えた職員を尊重し、かつ育成する。
患者さまの権利
安全で適切な医療を平等に受ける権利があります。
医療機関や医師を選択し、また他の医師に意見を求める権利があります。
診療について十分な説明を受け、治療などを選ぶ権利があります。
個人情報及びプライバシーを保護される権利があります。
   
患者さまへのお願い
患者さまの健康についての情報はできる限り正確にお伝えください。
ご自身が希望することまたは希望しないことをお伝えください。
分からないことは納得できるまでお聞きください。
治療中に異常を感じたらすぐにお伝えください。
適切な診療をお受けいただきかつ快適な療養環境をつくるために、病院の決まりを守ることにご協力ください。
教育・研究施設として学生の臨床実習にご理解ご協力をお願いいたします。
   
このページのTOPへ