脳神経外科のご紹介
HOME脳神経外科のご紹介>脳血管障害[頚動脈ステント留置術(CAS)]
  • 脳神経外科のご紹介
  • 脳神経外科のご紹介
  • 脳血管障害
    • 脳血管障害
    • 末破裂性脳動脈瘤・クモ膜下出血について
    • 破裂しやすいとかんがえられる脳動脈瘤
    • tPA静注による超急性期血栓溶解療法
    • 超急性期脳梗塞に対する経皮的脳血栓回収
    • 頸動脈狭窄症の外科治療について
    • 頸動脈内膜剥離術(CEA)
    • 頸動脈ステント留置術(CAS)
    • 頭蓋内脳主幹動脈狭窄・閉塞症について
  • 脳腫瘍
  • 脊椎・脊椎疾患
  • 外来担当医表
  • 脳血管センター
  • 脊椎脊髄センター
  • 当院の手術実績
脳神経外科のご紹介

脳血管障害

頚動脈ステント留置術(CAS)


高度(80%以上)の無症候性頸動脈狭窄で、頸動脈内膜剥離術(CEA)の危険因子を有する場合においては、頚動脈ステント留置術(CAS)を行います。



(頚動脈ステント留置術の適応)

18歳以上
片側または両側の動脈硬化性または再発頸動脈狭窄症
症候性50%以上、無症候性80%以上の狭窄病変


(頚動脈内膜剥離術の危険因子)

■心臓疾患(うっ血性心不全、冠動脈疾患、開胸手術が必要など)
■重篤な呼吸器疾患
■対側頸動脈閉塞
■対側喉頭神経麻痺
■頸部直達手術、または頸部放射線治療の既往
■CEA再狭窄例
■80歳以上


(適応除外基準)

■48時間以内の虚血性脳卒中
■血管内血栓
■完全閉塞
■カテーテル治療非適応
■9mmを越える脳動脈瘤
■2本以上ステントを必要とする病変
■出血性疾患の既往
■30日以内の外科治療の予定
■期待余命1年未満
■総頸動脈または腕頭動脈の起始部病変

このページのTOPへ