脳神経外科のご紹介
HOME脳神経外科のご紹介脊椎・脊髄疾患の手術>頚椎前方除圧固定術(ケージを使用した手術)
  • 脳神経外科のご紹介
  • 脳神経外科のご紹介
  • 脳血管障害
    • 脳血管障害
    • 末破裂性脳動脈瘤・クモ膜下出血について
    • 破裂しやすいとかんがえられる脳動脈瘤
    • tPA静注による超急性期血栓溶解療法
    • 超急性期脳梗塞に対する経皮的脳血栓回収
    • 頸動脈狭窄症の外科治療について
    • 頸動脈内膜剥離術(CEA)
    • 頸動脈ステント留置術(CAS)
    • 頭蓋内脳主幹動脈狭窄・閉塞症について
  • 脳腫瘍
  • 脊椎・脊椎疾患
  • 外来担当医表
  • 脳血管センター
  • 脊椎脊髄センター
  • 当院の手術実績
脳神経外科のご紹介

頚椎前方除圧固定術(ケージを使用した手術)



手術の概要


頸椎症や、頚椎椎間板ヘルニアで神経を圧迫している部分が、神経より前方(のど側)にある場合に、のどのあたりから入って、あっぽあくの原因となっているものを取り除きます(除圧)。
その後、除圧した上下の骨を固定します。その際チタン製のケージという医療材料を使用して、骨と骨が療合するまでの間の固定の補助とします。







このページのTOPへ