脳神経外科のご紹介
HOME脳神経外科のご紹介>脳血管障害[頭蓋内脳主幹動脈狭窄・閉塞症について]
  • 脳神経外科のご紹介
  • 脳神経外科のご紹介
  • 脳血管障害
    • 脳血管障害
    • 末破裂性脳動脈瘤・クモ膜下出血について
    • 破裂しやすいとかんがえられる脳動脈瘤
    • tPA静注による超急性期血栓溶解療法
    • 超急性期脳梗塞に対する経皮的脳血栓回収
    • 頸動脈狭窄症の外科治療について
    • 頸動脈内膜剥離術(CEA)
    • 頸動脈ステント留置術(CAS)
    • 頭蓋内脳主幹動脈狭窄・閉塞症について
  • 脳腫瘍
  • 脊椎・脊椎疾患
  • 外来担当医表
  • 脳血管センター
  • 脊椎脊髄センター
  • 当院の手術実績
脳神経外科のご紹介

脳血管障害

超急性期脳梗塞に対する経皮的脳血栓回収


脳梗塞が発症してから4.5時間以内の脳血管の急性閉塞例では、tPAという血栓溶解療法が非常に有効です。しかしながら、この薬剤を使用しても脳血管の閉塞が解除されず、脳梗塞がさらに進行する例や、tPAが使用できない発症4.5時間以降の脳塞栓症例において、脳梗塞による重篤な神経障害への進行を阻止するための最善な治療として、当院では脳血管内治療による脳血栓回収術(Trevo Trevo® ProVue Retrieverカテーテルを用いて脳血栓を除去する治療法)を行います。





このページのTOPへ