患者様へのご案内
HOME患者様へのご案内診療科目血管外科>ステントグラフト治療
  • 患者様へのご案内
  • 診療科目
    • 内科
    • 神経内科
    • 循環器内科
    • 腎臓内科
    • 透析内科
    • 小児科
    • 外科
    • 心臓血管外科
    • 血管外科
    • 脳神経外科
    • 整形外科
    • 皮膚科
    • 泌尿器科
    • 婦人科
    • 耳鼻咽喉科
    • 麻酔科
    • 放射線科
    • 総合診療科
    • リハビリテーション科
    • 検査科
  • 外来の方へ
  • 入院のご案内
  • 各ドッグ・検診・予防接種
  • セカンドオピニオン
  • 初診時選定療養費について
  • 医療福祉について
  • お見舞いの方へ
  • 施設のご案内
  • 外来担当医表

  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 関連施設のご案内
  • 病院・入院の案内
血管外科
からだに負担の少ない大動脈治療「ステントグラフト治療」

大動脈瘤とは

 大動脈の正常径より1.5 倍拡張したものをいい、アメリカでは年間で腹部大動脈瘤は約20 万人が診断され、1 万5 千人が破裂で死亡し、胸部大動脈瘤は2 万1千人が診断され、6 千人が破裂で死亡しているといわれています。それぞれ救命率はわずか18%、15%で破裂した場合には死に至る恐ろしい疾患です。

その症状は

 破裂の場合、腹痛・腰痛・意識消失などが代表的な症状です。破裂していない場合でも、声がかすれる(胸部の場合)、お腹の中が拍動する、お腹の中がドキドキする、お腹の中でコブのようなものが触れている感じがする等の症状があることもありますが、動脈瘤を持っていても自覚症状はほとんど無いというところが特徴です。

早期発見のためには

 健康診断による胸部レントゲン異常(胸部の場合)や、ほかの病気でエコー検査やCT検査などでたまたま見つかるケースが多く見受けられます。

破裂すると致命的である大動脈瘤の治療はどのようにしたら良いのか…?

 大動脈瘤の破裂を防ぐためには手術をしなければならず、薬で治療をすることはできません。手術療法は従来、胸やお腹を開けて動脈瘤を切除し、人工血管置換術が行われておりました。しかし、胸部の場合では人工心肺を使用し、心臓を止めて手術を行っていました。腹部では大きくお腹を開けて人工血管を置き換えなければならず、患者様の身体に大きな負担となる手術でした。

からだに負担の少ない大動脈治療…『ステントグラフト治療』

ステントグラフトの写真 人工血管(グラフト)に、ステントを縫い合わせたもので、今までのように胸やお腹を開けずに脚の付け根に2 、3 p程度の傷をつけ、カテーテルを使用しそのステントグラフトを血管内に挿入することで、大動脈瘤を内側から抑えてしまう方法です。全国でも低侵襲(からだに負担の少ない)手術として普及してきております。低侵襲であるため、問題がなければ翌日には食事を開始し、普段どおりの生活をしていただくことが可能です。症例数、施設数は毎年増加の一途をたどっており、イムス富士見総合病院でも、2013年4月にこの治療の施設認定を受けました。大動脈瘤とはどんな病気なのか、大動脈瘤が心配、もしくは、他の検査で言われたことがある……など、どんな些細なことでも構いませんので、お気軽に当院の血管外科を受診ください

腹部大動脈に対しての施行

腹部大動脈に対しての施行

胸部大動脈に対しての施行

胸部大動脈に対しての施行

◆お問い合わせ先◆

イムス富士見総合病院 血管外科まで 049-251-3060

血管外科 外来担当医表
このページのTOPへ