患者様へのご案内
HOME患者様へのご案内診療科目血管外科下肢静脈瘤>下肢静脈瘤と、その症状について
  • 患者様へのご案内
  • 診療科目
    • 内科
    • 神経内科
    • 循環器内科
    • 腎臓内科
    • 透析内科
    • 小児科
    • 外科
    • 心臓血管外科
    • 血管外科
    • 脳神経外科
    • 整形外科
    • 皮膚科
    • 泌尿器科
    • 婦人科
    • 耳鼻咽喉科
    • 麻酔科
    • 放射線科
    • 総合診療科
    • リハビリテーション科
    • 検査科
  • 外来の方へ
  • 入院のご案内
  • 各ドッグ・検診・予防接種
  • セカンドオピニオン
  • 初診時選定療養費について
  • 医療福祉について
  • お見舞いの方へ
  • 施設のご案内
  • 外来担当医表

  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 関連施設のご案内
  • 病院・入院の案内
血管外科

下肢静脈瘤と、その症状について

 足の表在の静脈の病気が下肢静脈瘤です。静脈には逆流防止弁があり、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割をして、静脈が圧迫され血液が心臓へ運ばれます。調理師、美容師などの立ち仕事や妊娠、出産などが原因で、弁の機能が壊され、逆流がおこり、静脈血が滞ること(うっ滞)になります。そのうっ滞が「つる、むくむ、だるい」などの症状を引き起こします。脚の血管が浮き出たり、太くなったり、蛇行したり、さらには症状が悪化すると皮膚に色がついてしまう色素沈着や潰瘍などの症状にも進展します。

症状写真

症状写真

治療法@【圧迫療法】

 圧迫療法とは壊れている弁のかみ合わせを改善し、筋肉のポンプ作用を増強することによりうっ滞を取り除きます。外来ではまず医療用の弾性ストッキングを履いていただくように説明しています。ストッキングを履くだけで、症状の改善や進行を抑えることができます。ただ、値段がやや高いことや、履くのが大変であることがあり、また、根本の治療ではないので静脈瘤自体が治ることはありません。

治療法A【硬化療法】

 硬化療法とは硬化剤という薬を静脈に注射し静脈瘤をつぶしてしまう方法です。小さな静脈瘤に有効でありますし、外来で気軽に行えます。しかし、血栓ができてしまったり、色素沈着を起こしてしまったり、再発するというデメリットもあります。

治療法B【手術療法】

 当院では、以前より行われているストリッピング手術と最新の血管内治療のどちらも保険診療で治療可能です。
血管内治療では膝の周辺から針を刺して、カテーテルを挿入します。高周波カテーテルから放出される熱により静脈の壁を収縮させ閉塞させてしまう治療法です。
症状写真

カテーテル治療を行った部位の痛みはほとんどなく、痛み止めは飲んでも1回ぐらいと好評です。

症例紹介(ストリッピング手術)

手術症例写真

ストリッピング手術では太ももの壊れてしまった静脈自体を取り除きます。
取り除いた場所からの再発が少ないということが長所ではありますが、小さな傷がつくなどの短所もあります。
静脈を取り除いたり、閉塞しても大丈夫なのか?という疑問もあると思いますが、心配ありません。手術前には脚の静脈の情報を知るために、 下肢静脈の超音波検査を行い、静脈の逆流や深部静脈の情報を得ていますので、深部静脈が開存していれば問題はありません。

最後に

 足が「つる、むくむ、だるい」などの症状は心臓、腎臓、肝臓、甲状腺などの他の病気の症状のこともありますが、まずはお気軽に外来を受診ください。お待ちしております。

◆お問い合わせ先◆

イムス富士見総合病院 血管外科まで TEL : 049-251-3060

血管外科 外来担当医表
このページのTOPへ