Department.11事務部門 採用情報

職員インタビュー

田中 快樹横浜旭中央総合病院 総務課
入社年:平成27年  卒業年/学部:平成27年/法学部

業務内容

病院は医師をはじめ数多くの職種が集まり、患者様へ医療や看護を提供しています。私は病院事務職の人事担当として、『看護師』の採用活動を行っております。
その中で、看護学生さんにIMSグループの魅力を伝えるために看護学生向けの合同就職説明会に参加をして全国各地を飛び回っています。
1番は説明会の中で看護学生さんと会話をして、就職活動に対する思いであったり不安に寄り添い就職活動のサポートを出来るように心がけています。

そこで話した学生さんが実際にインターンシップや病院見学に来た際にも対応いたします。
最初は、緊張していた学生さんが、時間が経つごとに楽しそうに見学やインターンシップを行っている姿を見ると嬉しいですし、笑顔で帰っていただけると『やりがい』や『達成感』を感じます。

看護師さんや看護学生さんの面接にも入らせていただいています。
当院への入職理由には様々な思いや背景がありますので
学生さんや求職者さんの人生に寄り添い、その人達のために考えることが第一だと感じています。
内定している学生さんが、国家試験に受かると私もすごく嬉しく感動します。
その瞬間もやりがいの一つです。

また看護師養成校への学校訪問も行います。
訪問先の先生にもIMSグループの事を知っていただくために、グループ・自施設の事をより理解し説明できなくてはいけません。そのためには知識が必要ですし、それ以上に第一印象や清潔感が大切だと感じています。
マナーや身だしなみの研修もありますので、そこで学び自信を持って実践で活かしていきます。

人事担当は、学生、その家族、先生、職員、業者、様々な方々との信頼関係が大切でその人達と病院を繋ぐ仕事だと考えています。
一般的な病院事務職のイメージとは少し異なり、より魅力的なものだと思います。

これまでの経歴

1年目~2年目看護師リクルート
3年目~看護師をメインに事務・コメディカルのフォローも行い
リクルート全般を担当

1日のスケジュール

               
8:30朝礼
8:45~メール確認 (学生さんや業者とのやり取り)
9:00~資料請求者への看護部パンフレット郵送
9:30~月報の作成
10:00~看護学生 面接対応
11:00~看護師養成校学校へ学校訪問
13:00~お昼休憩 同期や先輩後輩と一緒に食べています
14:00~病院見学 学生対応
15:00~人事ミーティング(その日の報告等)
16:00~看護部長・副部長とのリクルート離職対策会議
17:00~翌日の準備
17:30帰宅

これからの目標

入社4年目にもかかわらず、責任ある仕事を任されており、IMSグループと自施設に対する度量の大きさを感じています。これからも医療業界を担う「人」をつくる、その「人」達のために誇りを持って仕事に取り組んでいきたいと考えています。
病院経営者という立場に立っている以上よりよい病院を作れるように精進していきたいです。

学生へのメッセージ

私がIMSグループに惹かれたのは働いている「人」が温かいと感じ、今までに私が病院に抱いていたイメージとは正反対のもので
それ以上に、私自身が多くの「人」のためになれると考え、私が求めている仕事はここにあると感じたからです。

現在就職活動中の学生の皆さんは社会に出る不安を少なからず持っていると思います。私もその一人でした。
実際にIMSグループに入職してみると、教育体制が整っていて、サポート体制が手厚いところがさらに良いところだと感じました。
病院事務職と言っても様々な仕事があるため、男性職員もバリバリ働けますし新入職員が適材適所で働ける環境があります。
私の未開拓だった能力を引き出してくれた、IMSグループであなたのまだ見ぬ才能を咲かせましょう!

村田 梨沙板橋中央総合病院 経理課
入社年:平成27年  卒業年/学部:平成27年/拓殖大学商学部

業務内容

患者様の治療費等、医事課が集計してくれた伝票をもとに経理課では確認作業行っています。
確認作業の内容としては、社保・国保・生保・健診等の売上がきちんと集計されているか、実際の収入の金額と手元の金額が合っているかなどの確認作業となります。

業務の内容として、実際に現金を扱ってるのは部署は経理課だけになっているので、職員に対しての旅費精算や研修費等の精算はすべて一括で経理が行っています。
毎日職員の方が精算に来るので1円のミスも無いようダブルチェックは欠かさずに行っています。1年目のころは現金を数える事ですら緊張していましたが、
その緊張感はお金を扱う部署として絶対に忘れてはいけないものだと4年目になった今でも実感しています。

そして職員の給与計算も経理課が行っています。
給与日を楽しみに待っている方も多いではないでしょうか。
なので、給与が間違っていたり、身に覚えのない金額が控除されていたりすると不安になったりその部署に対しての不信感がうまれます。
一人一人の勤務状況をしっかりと把握し正しく支給することが経理課としての毎月の大きな仕事の一つ言えます。
給与からは社会保険料や雇用保険料、所得税などといったものが控除されています。
それらはきちんと根拠となる数字から算出されているものなので、税に詳しくなったり、知ってて損はない情報が必ず身に付きます。

業務内容として紹介できることはここでは少ないですが、他にも日々の現預金の動きを伝票に起こしたり、経理課の一番の大きな仕事である決算業務、さらに償却資産税の納付や取引業者への支払などお金に関する業務全般を扱っており、一年間で時期により様々な業務を行っています。

これまでの経歴

1年目~2年目主に出納業務メイン(現金を実際に扱い職員への支払な伝票作成
3年目~取引業者への支払、決算業務等、1年の流れの中で月次業務・年次業務などを担当

1日のスケジュール

         
8:30窓口負担金の確認
10:00~保証金入力・翌日釣銭準備
11:00~資料整理
12:00~現金の仮締め(職員の旅費精算などを行うため実際に払出した現金が合っているかの確認)
13:00~お昼休み
14:00~銀行へ支払・両替等
14:30~書類整理等 時間が余れば個人業務
16:30~現金の締め仮締め同様、確認作業
17:30退社

それ以外に1日を通して職員対応、電話対応業務もあります。
あくまでも1年目の業務スケジュール例なので早い時期から色々な業務を任されることもあります。

これからの目標

4年目でありながらまだまだ知らないことが多い反面、少しずつ色々な業務を任されるようになっていきている為、正確な情報を伝えられるよう、ひとつひとつの業務を丁寧にこなす努力をしていくことが目標です。

学生へのメッセージ

経理課というと暗いイメージがありますが、毎日笑いが絶えない職場です。
覚えることや、緊張感のある作業も多くあります。しかし、その分やりがいや自分のスキルアップに繋がり、経理課の業務は病院になくてはならないものだと日々実感しながら仕事をすることができます。

入職する前は私も本当に経理なんてできるのか、たかがアルバイトで少しレジをやっていたくらいで、務まるのかなど不安がたくさんありました。
ですが入職してみると、一から先輩が丁寧に教えてくれて、自分のスキルアップに繋がるカリキュラムがあり、少しずつ色々なことが分かるようになり仕事がさらに楽しいと感じるようになっています。
さらに、患者さんと直接話す機会はあまりないですが、職員の方とのやり取りが多いため、横の繋がりを大切にしていますし、上司も優しく気さくな方が多いので縦と横の繋がり、どちらとも強い環境で働けることはそうないのかな、と入職して強く感じています。

私には向いていないなど、経理なんて資格がないと、という方も多いと思いますが、経理課で身につくことは今後の人生において必ず役に立つ知識ばかりです。
人と話すことが好きな方や、大学時代に会計を少しでも学んでいた方、資格がないけれど数字が好きな方、こつこつと物事に取り組むことが好きな方、このどれにも当てはまらないけれど少しでも楽しそうだなと感じた方はぜひIMSグループで一緒にお仕事をしましょう!!
説明会等でお会いできるのを楽しみにしています。

海保 恵理新松戸中央総合病院 医療連携室
入社年:2016年  卒業年/学部:順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科

業務内容

地域住民、地域医療機関と連携を図り、患者様へより良い医療を提供し、信用と信頼を積み重ねていく為の部署です。当院をPRする為の営業活動、地域医療機関から患者様の受け入れ対応、データ収集と分析、講演会の企画や広報誌の作成などを行い、経営戦略の要となっています。

これまでの経歴

院内での集計活動や患者受入を経験し、病院の機能等を把握した後、営業担当として外部医療機関に訪問している。

1日のスケジュール

         
8:15出社、メールチェック。
連携室朝礼を行い、本日の予定と連絡事項を共有。
営業先の情報収集。資料の準備。
9:30~近隣のクリニックへ外出。2~3件。外来の合間にDRとお話し。当院をPR。患者様を紹介する際の選択肢に入れてもらえるようにする。
11:30~帰社。営業日報作成。
12:00~昼食
13:00~地域医療機関から入院での患者受け入れ願いの電話を受ける。患者情報や病態を聞きとり、医師に相談をする。ベッド確認や患者の情報を周知し、院内調整を行う。
15:00~受け入れの案件が落ち着くと、紹介患者様のデータ集計に移る。紹介元医療機関や患者に関する情報をデータ化し分析をする。営業先選定のツールにする。
17:00~選定した医療機関に伺うため、電話にてアポイントを取る。
     明日のスケジュールを決める。
16:30~現金の締め仮締め同様、確認作業
17:30退社

これからの目標

病院目標でもある『健全経営と利益の追求』をするために、ベッド稼働率を上げていくこと。どうすれば稼働が上がっていくか、どうすれば地域医療機関から信頼される病院となれるかを常に考えながら、マーケティング、営業活動を行っていく。病院の顔となる部署なので、周りから信頼される人材を目指します。

学生へのメッセージ

“病院の営業”と聞くとなかなかイメージが湧かないと思いますが、病院の経営と地域連携の役割を担う重要な仕事です。
新松戸の連携室はチームワークが非常に良く、ひとりひとりが大切な役割をもって日々取り組んでいます。ご自身とのマッチングを図る為にも、ぜひ職場の雰囲気を体感しにいらしてください。

今次 愛春日部中央総合病院 医事課
入社年:H.25.4.1  卒業年/学部:H25年卒 /大原簿記法律専門学校 電子カルテコース

業務内容

医事課業務には大きく分けて患者様応対と診療報酬請求、その他事務業務があります。
患者様応対には、患者様の受付、会計、ご案内があります。その他に電話応対や、患者様以外の来院者のご案内があります。受付業務は病院の顔となる重要な業務です。
診療報酬請求業務は、医事課の特徴的な業務です。医師、看護師、コメディカル等の行った診療行為を報酬として請求する医事課にしかできない重要な業務です。
その他にも、書類の作成、データ管理、統計業務等の事務業務や病院運営に関わる業務などがあります。

これまでの経歴

H25.4入職、医事課配属(外来担当)
H28.4~産休・育休
H29.5~復職育児短時間勤務を利用し現在に至る

1日のスケジュール

    
9:00~13:00初めて受診される患者様の応対、診察・検査の予約日で来院された患者様の受付、各企業の方がご来院された際のご案内。電話応対。
自動再来受付機、自動精算機の補助業務。
上記以外の担当業務を合間に行う。
13:00~14:00昼休憩
14:00~16:00お見舞いにいらっしゃる方の面会受付、病棟へのご案内。電話応対。
総合受付周辺の環境整備。タクシーを利用される方のタクシー手配。
受付業務以外にも患者様や来院された方々へ気持ちよく当院を利用していただけるよう気配りを心掛けて業務を実施。
16:00業務終了(育児短時間勤務)。
申し送りを行い、私の代わりに総合受付へ入る職員と交代し帰宅。

これからの目標

育児短時間勤務を利用させていただいているため、基本的には時間外労働もなく帰宅できます。そのため限られた時間内で効率よく、かつ迅速に業務処理や患者様応対をし、自身のスキルアップを目指していきたいです。
また、患者様や来院された方よりプラスの応対ができるようさらに意識していきたいです。

学生へのメッセージ

当院では産休・育休はもちろん、復職後も家庭と仕事の両立ができるよう育児短時間勤務や子の看護休暇などを利用することができ、急な休みにも対応していただけているので大変働きやすい環境です。
これから就職活動をされる際、将来のことも考えて活動していただけると良いと思います。

森田 夕子春日部中央総合病院 診療情報管理室
入社年:2013年

業務内容

診療情報管理士の主な仕事は、読んで字のごとく、診療情報を適切に管理・収集を行う事です。診療記録の量的点検もその一部で、入院中に発生した記録が適切に記載されているか、必要な書類はきちんと揃っているかなどのチェックを行います。
また、ICD(国際疾病分類)によるコーディング業務と言って、カルテに記載されている疾患名や手術情報等を正確に拾い、データ化し統計をとったり、DPCデータを分析したりすることで、当院ではどのような疾患や年齢層が多いのかといった指標や傾向を見るための資料を出すことができます。これらの資料を基に、診療の現場や経営面でもフィードバックを行います。
他にも、全国がん登録などカルテをしっかりと読み込み必要な情報を適切に登録するなど、専門的知識が必要な業務が多く、業務中はパソコンか書類と向き合っている時間がほとんどですが、他職種(特に医師や看護師)への確認や依頼を行うことも多く、円滑なコミュニケーションを図っていくことも大切にしています。

これまでの経歴

2003年~2012年まで一般企業事務職、ブライダル業接客、病院事務職等の勤務を経て、2013年に入職、以来診療情報管理室にて従事。
2016年に副主任へ昇格。

1日のスケジュール

       
8:30入院・退院患者リスト作成、更新
    クリニカルパス統計作成、更新
9:00DPC病名チェック
10:00量的点検
11:00ICDコーディング、DPC分析 他
14:00休憩
15:00全国がん登録、NCD仮登録
16:30量的点検 他

これからの目標

診療情報管理士という資格を活かし、より精度の高い診療データの収集・管理・分析に寄与していく

学生へのメッセージ

病院の事務職と聞くと、患者様お一人お一人と接する窓口業務をイメージされる方が多いですが、実は裏方として病院経営を支えている人がたくさんいます。
私の所属する診療情報管理室も、診療録を適切に管理することで医療の安全や質の向上に努めたり、各種データから得られる統計・分析情報を利用し経営的な視点で診療を考えたりと、病院にとっては欠かせない部署の一つです。
医療介護業界は常に変化し続けているため、その流れに乗り遅れないようについていく事が大変だなと感じる時もありますが、自分で学んだ事が業務と繋がった時にはやりがいを感じますし、多くの仲間がいて困ったときには相談できる環境があることが励みになっています。
病院事務職という仕事は、仕事の幅が広く多岐にわたるため、専門的にも総合的にも将来の道を選択することができます。また、それぞれの良さを活かし、お互いに協力し合って働くことが出来る職場です。

教育

IMS School
IMSグループには「IMS School」という役職・部署に応じた階層化された事務職教育プログラムがあるため、入職時に「医療事務資格」や「医療知識」は特に必要ありません。働いているスタッフも経済学部、法学部、文学部等の出身者が多く在籍しておりますが入職してからこの「IMS School」で1から学び、現在各施設で活躍をしております。

1年目のカリキュラム
新入職員オリエンテーション(春季1泊2日・秋季半日)

春季:入職前研修として、IMSの歴史・組織・理念を学び、社会人としての心構えと基本を習得する。

秋季:入職後半年を振り返り、就業意識を高め、半年後先輩になる自覚を持つ。

新入職員集中研修(4月入職後9日間)

医療機関に勤務する事務職員として、必要な医療事務の基礎知識を習得し、各施設に配属された際にスムーズに業務を覚えることができるよう基礎を習得する。

フレッシュマンコース(ビジネススキル 年間全5回)

社会人として組織の中で働くために必要な基本スキルを身に付ける

学会関連

IMSグループではグループ内で学会を多く開催しております。

IMSグループ学会1978名
IMS事務学会1057名
IMS看護学会1230名
IMSリハビリ学会854名
IMS栄養学会277名
IMS事務学会

医療従事者の学会というと、医師、看護師、薬剤師など専門職種のイメージが強いですが、IMSグループでは事務職員も「IMS事務学会」「IMSグループ学会」等で研究成果を発表する機会があります。マーケティング・教育顧客サービス・経費節減・施設管理などのカテゴリーで分けられ、事務ならではの視点で各施設での取り組みを口述及びポスターにて発表します。

キャリアステップ

事務長インタビューはこちら
ジョブチャレンジ制度

意欲あふれるグループ内職員に熱意を持って業務に取り組んでもらいたい。 それがジョブチャレンジ制度です。
当グループでは、別紙求人の職種について「その業務に取り組んでみたい」と自薦していただき応募いただくジョブチャレンジ制度を設けています。(審査あり) 仕事とは能力と意欲が掛け合わさって成立するといわれます。そこで、様々あるイムスグループのお仕事の中で、特殊性があり、とくにその仕事に対する熱意と意欲を必要とする職種について求人がされています。

福利厚生

  • 住宅手当
  • 交通費支給
  • ストレスチェック
  • 人間ドック補助
  • 職員制服貸与
  • ホテル宿泊特別プラン
  • 引っ越し割引
  • 不動産業務提携
  • 職員旅行(施設により異なる)
  • 医療費減免制度
  • 部活動(軟式野球部他)
  • 社会保険(雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険)
  • 運動会

他(2018/5/31現在)

採用情報

募集職

(四大卒向け)平成32年卒業生向けインターンシップ情報

平成32年卒業生向けインターンシップ情報

見学情報

夏季インターンシップを実施いたします。


詳細はIMSグループインターンシップ専用サイトよりご確認下さい。




採用試験情報

採用試験日程 ≪営業職・事務総合職・経理総合職・広報企画職・経営管理職(四年制大卒向け)日程≫

毎月採用試験を実施しております。詳しくはIMSグループ専用サイトをご確認ください。

*試験内容
・エントリーシート
・グループディスカッション
・筆記&作文試験
・面接試験
※試験は半日で終了いたします。


募集要項(新卒)

応募資格

営業職 平成31年3月に大学・大学院を卒業見込の方
事務総合職 平成31年3月に大学・大学院を卒業見込の方
経理総合職 平成31年3月に大学・大学院を卒業見込の方
広報企画職 平成31年3月に大学・大学院を卒業見込の方
経理管理職 平成31年3月に大学・大学院を卒業見込の方
医療事務職 平成31年3月に専門学校・短期大学を卒業見込で
学校にて医療事務の勉強をされた方

※既卒の方は下記本部事務局 人事部までお問い合わせください。

応募書類

IMS専用書式履歴書・IMS専用勤務可能エリア調査書(四年制大卒のみ)
卒業見込証明書・成績証明書・健康診断書


  • ※履歴書・調査書はこちらからダウンロード・印刷可能です。

履歴書PDF

調査書PDF

求人票

四大卒向け求人票
専門・短大卒向け求人票


応募書類・各種問合せ先

応募書類

履歴書・調査書・卒業見込証明書・成績証明書・健康診断書

  • ※履歴書・配属希望書はこちらからダウンロード・印刷可能です。

履歴書 [事務部門]

調査書PDF

各種お問合せ先

IMS(イムス)グループ本部事務局 人事部 採用担当宛
〒174-0051 東京都板橋区小豆沢3-3-2
電話:03-3965-5977(ダイヤルイン)

お申し込み・お問い合わせフォーム

Q&A

Q:医療知識がないのですが大丈夫ですか?
A:事務総合職・経理管理職・営業職いずれも医療知識は入職してからIMSグループ独自の教育プログラム「IMS SCHOOL」で勉強します。
先輩も経済学部・法学部・文学部など医療と関係ない学部から多く入職しておりますし、医療知識ゼロからのスタートでも活躍できますのでご安心ください。
Q:異動について教えてください。
A:総合職採用となりますので異動はあります。最初は教育体制が整っている大きな病院からスタートし、規模や機能が異なる病院・施設で経験を積み、最終的には事務長として経営を担っていただきたいと思っております。転居を伴う異動は少ないですが将来的に管理職となった際には関東ブロック・仙台ブロック・北海道ブロック間での異動もあり得ます。
Q:土曜日も病院は開いていますが休日の取り方はどうなっていますか。
A:基本的には土曜午後、日曜、祝日を含めて月9日のお休み(2月のみ8日)となっております。しかし病院・施設は365日対応しております。その為、土曜日の午後や日曜日に勤務をすることもありますが、勤務した分は別日にお休みの振替をします。
長期休暇等は公休と有給休暇を組み合わせて1週間程度取得することも可能です。
Q:部署間の異動はありますか。
A:頻度としては多くはないですが、適材適所で医事課から総務課や総務課から経理課への部署異動はあり得ます。また年間で2回以上、所属長と面談をする機会がありますので、自分の希望を話すことが出来ます。
Q:今後の事業展開を教えてください。
A:第一に大事なことは地域の中で選ばれる病院・施設として信頼できる医療・介護を提供していくことです。医療・介護は労働集約産業であり全ての職種の人材力を上げる人事制度と教育体制を熟成させることにより競争力の源泉となります。また、スケールメリットを生かした共同購買の仕組み等による安定した財務力を基盤に地域ニーズを鑑み必要性を検証したうえで事業拡大していく方向です。