IMSグループは、医療・介護の提供をする総合医療グループです。

関節リウマチチェック

関節リウマチとは免疫の異常により関節の腫れや痛みを起こし、そののち変形をきたす病気です。主に手足の関節で起こりますが内臓を侵すこともあります。特徴として痛みは特に朝強く現れることが多いです。どの年齢の人にも起こりますが、30代から50代で発病する人が多く認められます。また、男性よりも女性に多く認められ(3倍)、地域性がないことも特徴とされています。監修:IMSグループ 横浜旭中央総合病院

各項目順番に該当するものにチェックをして、最後に【判定するボタン】を押してください。

1.朝起きてから手のこわばりが30分以上持続する

2.手足にこわばりや腫れがある

3.腫れた部分に痛みがある

4.全身の3か所以上の関節に痛み・腫れがある

5.左右対称の関節に腫れがある

6.歯ブラシが持ちにくい

7.家の鍵が開けにくい

8.ペットボトルの蓋を開けることが困難

9.倦怠感がある

10.血液検査のリウマチ因子(RF)で陽性になったことがある

11.微熱が長期間続く