IMSグループは、医療・介護の提供をする総合医療グループです。

脊柱管狭窄症チェック

脊柱管狭窄症とは脊柱管狭窄症は、60歳以上の高齢者に多く発症します。神経をおさめている脊柱管の内面が、前からは椎間板・椎体後縁骨棘の突出、後ろからは黄色靭帯の肥厚、横からは椎間関節の棘で狭くなった状態を指します。監修:IMSグループ 東戸塚記念病院

各項目順番に該当するものにチェックをして、最後に【判定するボタン】を押してください。

1.腰痛がある

2.下肢に痛みや痺れがある

3.歩くと症状が強くなり、前かがみで座って休むと楽になる

4.臀部・股関節に痛みがある

5.背骨を伸ばすと症状が増す

6.排尿がしづらいことや、尿・便の失禁がある

7.肛門周囲に痺れ・違和感がある

8.60歳以上である