診療実績
TOP > 病院指標
病院指標
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 - - - 22 68 179 402 562 424 72
・10未満の数値は、-(ハイフン)と記入しています。

・当院の入院患者様の平均年齢は、71.58歳です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全z国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2−1あり 副傷病なし 57 17.89 28.04 15.79% 67.72
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2−1あり 48 12.52 23.29 10.42% 68.58
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2−なし 44 7.57 12.51 9.09% 78.23
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2−1あり 副傷病なし 36 13.42 23.93 5.56% 70.47
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2−1あり 30 14.77 21.40 6.67% 74.30
・解離性大動脈瘤に対する「人工血管置換術」や狭心症などの虚血性心疾患に対する「冠動脈バイパス術」、大動脈瘤に対する「ステントグラフト内挿術」が上位を占めています。

・また、弁膜症に対する「弁形成術」や「弁置換術」も行っています。


・全国平均在院日数より短いのは、低侵襲手術(身体の負担が少ない手術)を行っており、術後の回復が早いためです。

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2−なし 副傷病なし 257 2.67 4.62 0.78% 69.58
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2−なし 139 2.79 5.30 0.00% 62.50
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2−なし 副傷病なし 106 10.10 12.72 1.89% 64.93
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2−なし 副傷病なし 88 11.90 17.71 12.50% 78.77
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2−なし 副傷病なし 82 2.13 3.03 2.44% 70.18
・狭心症などの虚血性心疾患に対する「心臓カテーテル治療」や頻脈性不整脈に対する「カテーテルアブレーション治療」が上位を占めています。

・予定入院の「心臓カテーテル治療」と「心臓カテーテル検査」は1泊入院が基本となっています。
(場合によって、「心臓カテーテル検査」は、日帰りでも対応しています。)

・また当院では24時間手術を行える体制を整えており、急性心筋梗塞に対する「心臓カテーテル治療」も多く行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
・当院は心臓血管外科、循環器内科、麻酔科の3つを標榜しており、初発の5大癌の該当する治療はございません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
・10未満の数値は、-(ハイフン)と記入しています。
脳梗塞のICD10別患者数等
ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
・10未満の数値は、-(ハイフン)と記入しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 52 2.17 9.73 7.69% 66.75
K5551 弁置換術(1弁) 46 3.35 13.07 15.22% 75.04
K5602 大動脈瘤切除術(弓部) 42 1.79 15.24 19.05% 71.76
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他)) 40 1.80 12.28 10.00% 74.78
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 34 1.44 5.59 8.82% 79.94
・同一手術において複数手技を行った場合、主たるもののみカウントしています。

・狭心症など虚血性心疾患に対する「冠動脈バイパス術」や心臓弁膜症に対する「弁置換術」、大動脈瘤に対する「人工血管置換術」などが上位を占めています。

・急性大動脈解離を発症した場合、緊急手術や降圧療法を必要とすることが多く、当院では24時間緊急手術を行える体制を整えています。

・また病院救急車(医師同乗)で紹介元の医療機関へ患者様をお迎えにいき、いち早く治療を行っています。

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 179 0.61 1.40 1.68% 69.34
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 105 0.31 1.97 0.00% 63.52
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 98 0.10 8.92 5.10% 68.07
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 75 0.01 10.21 2.67% 67.21
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 60 0.23 1.20 1.67% 73.50
・狭心症などの虚血性心疾患に対する「心臓カテーテル治療」が上位を占めています。

・次に頻脈性不整脈に対する「カテーテルアブレーション治療」が多くなっています。

・また下肢閉塞性動脈硬化症に対する「四肢の血管拡張術」や徐脈性不整脈に対する「ペースメーカー移植術」も行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 25 1.44%
異なる - -
・10未満の数値は、-(ハイフン)と記入しています。

・循環器専門病院として診断から治療まで迅速かつ高度な医療を提供していますが、手術・処置の合併症が発生してしまった場合、速やかに適切な治療を施しています。

・他疾患を発症してしまった場合、近隣の医療機関へ連絡し、適切な治療が受けられるよう、地域連携にも力を入れています。

このページのトップへ戻る