医療連携室
TOP > リハビリテーション科
リハビリテーション科
リハビリテーション科業務概要
診療時間 外来リハビリテーション 10:00〜11:00(月〜土)
入院リハビリテーション 9:00〜17:30(日以外)
施設基準 心大血管疾患リハビリテーションT
患者数比率 入院90%、外来10%
対象患者 心臓血管外科術後、心筋梗塞、狭心性, 心不全など
概念と特徴 当院では理学療法士(PT)と作業療法士(OT)が、発症後早期より介入し、退院後の外来リハビリテーションまで一貫した心臓リハビリテーションを提供しております。安全で質の高いリハビリテーションを提供するため、医師や看護師等他職種が連携を密に行っています。循環器に不安を抱えた患者様に対して病院全体で包括的な治療にあたっています。
心臓リハビリテーションとは

心臓リハビリテーションとは、心筋梗塞、心不全、心臓血管術後の弱くなった心臓の機能を高めるために運動療法・薬剤療法・食事 療法・禁煙を含む生活習慣の改善を行い、患者様のスムーズな社会復帰や疾患の再発及び悪化を予防することです。

心臓リハビリテーションの効果

・運動能力、体力の向上により日常生活で症状が出にくくなる。
・筋肉や骨が鍛えられ、疲れにくくなるとともに心臓の働きを助ける。
・自律神経が安定し、動悸や不整脈が軽減する。
・不安やうつ症状が改善される。
・動脈硬化のもととなる危険因子(高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満)が改善する。
・再発や突然死のリスクが減り死亡率が減少する。
上記のような効果がみられ、結果動作が楽に行えるようになり、患者様の生活の質が向上します。

当院のリハビリの特徴

当院では、自宅復帰に向けて段階的に動く量を増やし、術後の状態を確認していく急性期のリハビリテーションと退院後の回復・再発予防に向けた回復期の外来リハビリテーションを実施しています。
医師、理学療法士、看護師、薬剤師、管理栄養士など多くの専門医療職がかかわって、患者さん一人ひとりの状態に応じたリハビリプログラムを提案、実施します。


求人情報
スタッフ数 理学療法士10名 作業療法士1名 リハビリ事務員1名
勤務時間 早番 8:00〜17:00
通常 8:30〜17:30(月〜土/祝日/2週間に1回日曜出勤有)
給与 月給238,200円〜(変動給は別途支給)
(経験を考慮し、当院規定により決定)
休暇 公休8〜10日/月(平成29年度実績 年間108日)
長期休暇取得可能
年次有給休暇 有/初年度10日・・・最高20日の付与
福利厚生 昇給年1回・賞与年2回、社保完備、交通費(全額支給)
人間ドック年1回無料、昼食代一部負担あり
人材教育 新人には先輩セラピストがマンツーマンで指導に当たります。
部署内の勉強会だけでなく、委員会や看護師、医師主催の勉強会も頻回に開催されます。
さらに各種資格取得支援、集中治療室でのリハビリテーション実施の支援も行っています。
資格取得 心臓リハビリテーション指導士 4名
三学会合同呼吸療法認定士  4名
  • 科内勉強会
  • 呼吸ケアチームラウンド
  • 学会発表
所属長からのメッセージ

当院は、循環器疾患に特化した専門病院です。
循環器疾患の患者様は、現代に多い複合疾患を有する方が多く、高度な医学的知識と理学療法の専門知識が必要になります。
安全で質の高いリハビリテーションを提供するために一緒に切磋琢磨していきましょう。

理学療法士 天野 智文

スタッフからのメッセージ

理学療法士2年目の中村麻優です。
学生の頃より、循環器疾患に興味がありハートセンターに入職しました。入職1年目は不安もありましたが、先輩方に優しく丁寧に指導して頂き、現在では多くの患者様を担当する事が出来ています。
臨床において急性期特有の日々の小さな変化も見逃さないよう、他職種との連携が重要になってくることを実感しています。
心疾患の患者様は生活背景が大きく病気に関わってくるため、患者様とのコミュニケーションを大切にし、術後のリスク管理や退院後の生活を見据えた関わりが出来るようにこれからも頑張っていきます。

理学療法士 中村 麻優

見学問合せ先

見学問い合わせ先
:03-3694-8100
E-mail :cocoro.heart@ims.gr.jp お問い合わせ


このページのトップへ戻る