当院について

病院概要・沿革

平成30年度 病院指標

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 159 67 78 52 91 115 165 240 254 91
【対象期間】 平成30年4月1日から平成31年3月31日
当院では乳幼児の食物アレルギー検査入院、若年層中心のスポーツ疾患に対しての手術入院、
中高年以上の年代の生活習慣病治療・教育入院等、幅広い年代向けに診療を行っております。
・平成29年度より0歳からの食物アレルギー検査入院が増加傾向にあり、平成30年度はさらに件数が増加しています。
・10~20歳代のスポーツ疾患に対しての手術入院、急性胃腸炎等の短期入院が増加しています。
・70歳代、80歳代の患者様がとくに多く入院されています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 処置1あり 45 2.00 2.04 0.00% 50.49
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 32 151.28 12.05 18.75% 72.25
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎 処置なし 27 4.48 7.30 0.00% 34.93
060130xx99000x 食道,胃,十二指腸,他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 26 6.92 7.40 0.00% 64.96
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 25 2.84 2.67 0.00% 64.60
【対象期間】 平成30年4月1日から平成31年3月31日
・睡眠時無呼吸(030250)1泊2日検査入院が多くなっていす。
・慢性腎不全(110280)人工透析と併せてリハビリを要する患者様が多い為、在院日数が長くなっています。
・細菌性腸炎(060390)若年層の入院も多く重症化することが少ない為、全国平均を下回っています。
内科では生活習慣病に注力しています。
病院ではありますが、地域のかかりつけ医としての機能も担っており外来患者様含め高齢化傾向にあります。
その為高齢者のかかりつけやすい疾患が上位を占めています。

糖尿病内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(抹消循環不全なし) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病名なし 85歳未満
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス,非ケトン昏睡 処置2なし 定義副傷病なし
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全あり) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 85歳未満
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 85歳未満
040090xxxxxx1x 急性気管支炎,急性細気管支炎,下気道感染症(その他) 定義副傷病あり
【対象期間】 平成30年4月1日から平成31年3月31日
※10症例以下のものは(ー)になっております。
・2型糖尿病(100070,100071)
糖尿病初期から重症の患者まで一貫して対応できる診療体制を整えています。
糖尿病の教育入院にも対応しており、日本糖尿病療養指導士(CDEJ)の資格を持つ専門スタッフが、
食事療法の進め方や合併症予防、服薬等の指導、教育を行っています。
月に一度全職種が集まり糖尿病センター会議を開催し、治療に対して情報共有や勉強会等も行われています。

小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 処置1あり 123 1.00 2.14 0.00% 2.29
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 処置1なし 39 1.00 2.47 0.00% 3.82
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 定義副傷病なし
【対象期間】 平成30年4月1日から平成31年3月31日
※10症例以下のものは(ー)になっております。
・食物アレルギー(080270)
小児科では、特にアレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー)、感染症の治療を多く手掛けております。
食物アレルギー・負荷検査に精通した医師による日帰り検査入院を行っており、 アレルギー鑑別のため再入院される患者様も多くいらっしゃるため年々件数は増加しています。

眼科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障,水晶体の疾患 手術あり 片眼 16 2.00 2.84 0.00% 76.13
160250xxxx1xxx 眼損傷 処置1あり
020320xx97xxxx 眼瞼,涙器,眼窩の疾患 手術あり
【対象期間】 平成30年4月1日から平成31年3月31日
 ※10症例以下のものは(ー)になっております。
糖尿病の合併症で発症しやすい眼科疾患の入院治療を行っています。
眼科は外来での日帰り手術の件数が多いですが、高齢の方などで術後不安のある方については1泊2日手術入院を希望される患者様もいらっしゃいます。

整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070085xx97xxxx 滑膜炎,腱鞘炎,軟骨などの炎症(上肢以外) 手術あり 54 3.11 13.48 0.00% 40.72
160620xx01xxxx 肘,膝の外傷(スポーツ障害等を含む) 腱縫合術等 41 5.63 14.27 0.00% 31.88
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 25 4.60 5.68 0.00% 62.84
160720xx97xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 その他の手術あり 17 4.53 6.72 0.00% 26.2
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病なし 17 3.82 6.07 0.00% 39.71
【対象期間】 平成30年4月1日から平成31年3月31日
膝や股関節を専門とする常勤医とスポーツ疾患を専門とする非常勤医により、関節系疾患の患者様が入院件数上位を占めています。
平成30年度では肩・鎖骨部の骨折が増加しています。
関節鏡手術が多く、入院期間も2泊3日と短いため在院日数が短くなっています。
骨折などの外傷疾患の他、関節症やスポーツ疾患の治療にも幅広く対応しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7.8
大腸癌 1 8
乳癌
肺癌 1 6.7.8
肝癌 1 6.7.8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【対象期間】 平成30年4月1日から平成31年3月31日
※10症例以下のものは(ー)になっております。
当院では紹介・消化器ドック等による内視鏡検査により、胃癌、大腸癌が早期発見され、治療のため専門病院へ紹介するケースも多くみられています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 6.9 54.00
中等症 80 11.59 71.79
重症 16 23.19 80.06
超重症
不明
【対象期間】 平成30年4月1日から平成31年3月31日
※10症例以下のものは(-)になっております。
市中肺炎(病院外で日常生活をしていた人に発症)の重症度を表したものですが、年齢層が高くなるにつれ重症度が高くなり、治療日数も長くなる傾向にあります。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
【対象期間】平成30年4月1日から平成31年3月31日
当院では少数ではありますが脳梗塞を発症後数日以内の入院患者様がおります。年齢層は60歳代以上の方が多くなっております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 16 0.56 1.38 0.00% 68.56
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上) 10 0.00 1.90 0.00% 60.00
K654 内視鏡的消化管止血術
K722 小腸結腸内視鏡的止血術
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術
【対象期間】 平成30年4月1日から平成31年3月31日
※10症例以下のものは(ー)になっております。
・内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
健診等で異常が見つかった患者さんに対して内視鏡検査により病巣の早期発見とポリープの切除を行っています。
外来でも手術を行っていますが、リスクの高い患者様については、入院で手術を行っています。
そのため、平均年齢が高くなっております。
病理検査にて癌を早期発見した際は、適切な治療のできる専門病院へ紹介しています。

糖尿病内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2762 網膜光凝固術(その他特殊)
【対象期間】 平成30年4月1日から平成31年3月31日
・糖尿病内科で入院中に合併症の治療として行われた手術等

眼科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 16 0.00 1.00 0.00% 76.13
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法)
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)
【対象期間】 平成30年4月1日から平成31年3月31日
 ※10症例以下のものは(ー)になっております。
 ・水晶体再建術(K2821ロ)
眼科での手術は1泊2日が多く、白内障手術が症例数としては多いです。
ただ、入院での手術は稀で、眼科で行う手術のほとんどが日帰りで行われています。

整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(膝) 55 1.00 1.11 0.00% 40.93
K069-3 関節鏡下半月板縫合術 28 1.00 1.50 0.00% 36.71
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 19 1.00 1.16 0.00% 56.11
K0462 骨折観血的手術(前腕) 16 2.75 3.50 0.00% 64.06
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 14 1.00 8.21 0.00% 21.29
【対象期間】 平成30年4月1日から平成31年3月31日
※10症例以下のものは(ー)になっております。
膝や股関節を専門とする常勤医とスポーツ疾患を専門とする非常勤医により、3日~5日の短期の入院で手術できるため30代~50代の患者様が多くなっており、骨折などの外傷疾患の他、関節症やスポーツ疾患の治療にも幅広く対応しています。
特にスポーツ疾患に対しては関節鏡下の手術が増加しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 11 0.82
異なる
【対象期間】 平成30年4月1日から平成31年3月31日
※10症例以下のものは(ー)になっております。
・手術・処置等の合併症(180040)
透析をされている患者様の高齢化に伴い重症度が進み、透析シャント狭窄・閉塞、透析低血圧等が多くなっています。

更新履歴

2019年9月25日
病院指標作成・更新