当院について

院長ごあいさつ

【イムス記念病院 院長 青木 克夫】

イムス記念病院 院長 青木 克夫

日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しており、2025年以降は、医療・介護サービスがさらに必要とされることが見込まれています。
当院は、糖尿病を中心とした生活習慣病診療と一般急性期診療の機能を併せ持っており、高齢化が進展する中で地域の方々が自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、生活習慣病の合併症を起こさない、進展させないための専門的な取り組みと、小児から高齢者までの一般外来診療と入院や、骨折や白内障などの各種手術といった広範な急性期医療を提供し、地域から信頼される病院を目指しております。
また、「病院らしくない病院(ハード)で、より病院らしいサービス(ソフト)の提供」といったコンセプトに基づき、外来や病室などの施設やアメニティの充実だけではなく、あらゆる世代の患者さんが気軽に足を運べる場を提供するために「アットホームさ」を重視し、病院の概念にとらわれない病院のあり方を模索しています。

病院理念

安全で専門性の高い医療を提供し、地域から信頼される病院

基本方針

1.地域の安心の病院

地域の皆様が誰でも気軽に相談ができ、他医療機関との連携を図りながらいつでも安心して利用できる病院

2.地域の信頼の病院

患者様の意見と権利を尊重し、十分な説明と同意に基づいて、医療・保険サービスを提供します。

3.医療の良質の病院

医療人の自覚として、日々の研修・研鑽に励み安全でより専門性の高い医療・保険サービスを提供します。