当院について

臨床工学科紹介

所属長あいさつ

当院は上板橋駅前の好立地にあり、病床数は67床と小規模でアットホームな雰囲気の病院です。
 臨床工学技士とは生命維持管理装置の保守管理、操作などを行う資格です。具体的には人工呼吸器や除細動器、輸液ポンプなど多くの機器があります。機器の高性能化により操作等も複雑化しており、機器を安全に操作、管理することが非常に重要となっています。
当院の臨床工学技士は、透析室での慢性維持透析患者様の血液浄化業務を中心に、院内機器の保守管理業務を行っています。他部署と連携を図りながらチーム医療を担う一員として日々取り組んでおります。

業務内容

血液浄化業務

必要備品の準備、穿刺、バイタルチェック、回収、装置の点検、など。

機器管理業務

輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器、除細動器、全身麻酔器、電気メスなどの定期点検
メーカー点検や修理の依頼。

委員会業務

医療機器管理委員会、医療安全管理対策委員会、感染対策委員会

求人

詳しくは求人情報をご覧ください。
明るく楽しい職員がお待ちしております。