胃内視鏡検査をおすすめする症状

胃が痛い
上腹部の痛み
黒っぽい便がでる

胸やけがする
呑酸(酸がこみ上げる)
胃もたれ
食欲低下

貧血を指摘された
体重が減少した

健診で胃内視鏡を
勧められた

診察・検査予約方法について

当院では電話・インターネットでの胃内視鏡検査のご予約を承っております。

電話予約方法

地域医療連携室(TEL:03-3932-9187)
までお問い合わせ下さい。
お問い合わせ受付時間
月~金曜日(祝日を除く)8:30~17:30
土曜日(祝日を除く)8:30~13:00

インターネット予約

インターネット予約フォームより
必要事項をご記入下さい。
ご回答までにお時間をいただく場合が
ございますので、予めご了承下さい。
お急ぎの方はお電話にて
お問い合わせ下さい。

抗血小板薬・抗凝固薬を内服中の方へ

抗血小板薬・抗凝固薬を内服されている方は、
ご予約の際に必ずお伝え下さい。

検査について

胃内視鏡検査は通常約5分程度です。
必要に応じて、病理の組織検査を行う場合があります。
※病理の組織検査とは…組織を一部採取して顕微鏡で詳しく調べる検査です。

検査時の持ち物

診察券・保険証、お薬手帳、タオル1枚
紹介状・健診結果がある方はお持ちください

お食事の注意点

夕食は消化の悪いものは避け、
夜9時までに済ませて下さい。
就寝までは、水かお茶のみであれば
飲んでも差し支えありません。
起床時より禁食です。
(水のみコップ1杯程度飲んでも可)

お薬について

お薬を服用されている方は、中止していただく必要がある
場合がございますので予約時にお申し付け下さい。

胃内視鏡検査費用について

3割負担

1割負担

観察のみ

4,500円

1,500円

生検・病理顕微鏡検査

10,000円

3,500円

セデーション施行

600円

200円

※初再診料・薬代・その他の検査代(採血等)などは含みません。
 概算であり、検査の内容によって異なります。予めご了承下さい。

胃内視鏡検査の種類

経鼻内視鏡検査

鼻腔が狭く挿入困難な場合は、
経口内視鏡に切り替える場合がございます。
予めご了承ください。

経口胃内視鏡検査

ご希望に応じて、
鎮静剤(麻酔)を使用し、
ウトウトと軽く眠った状態で
内視鏡検査を受けることが可能です。

鎮静剤(麻酔)を利用した時の注意点

麻酔の効果は
個人差があります

車・バイク・自転車を
運転されての
ご来院はご遠慮下さい

検査当日のネイル
(ジェルネイルを含む)は
なるべくご遠慮ください

高齢者の方は
鎮静剤を利用する場合は
ご家族などのお付添いを
お願いする場合が
ございます

検査終了後は
約1時間休んでからの
帰宅となりますが、
眠気、ふらつきが
ある場合は
延長する場合があります

鎮静剤使用後に
眠気などが夕方まで
続くこともあります。
そのため検査後の
お出かけやお仕事は、
極力控えて下さい。