イムス札幌消化器中央総合病院はIMS(イムス)グループの病院です。

IMS(イムス)グループ医療法人社団 明生会 イムス札幌消化器中央総合病院(旧称:琴似ロイヤル病院)

部署紹介

栄養科について

栄養科では、常勤の管理栄養士3名と栄養士3名、調理師3名、調理パート7名で、給食提供と適正な栄養管理を目標として活動しています。

栄養科の主な業務

栄養管理

当院では、患者様の栄養状態を調査・把握し、それぞれの患者様に合わせた栄養管理計画書を作成しています。入院患者様のお食事はこの栄養管理計画書に基づいて提供しています。

食事提供
・さまざまな治療の目的に合った食事を提供しています。
・アレルギー・嗜好を考慮した個別対応を行っています。
・適時適温に心がけ、朝8時・昼12時・夕18時に配膳しています。
・季節感を感じるように行事食を提供しています。
献立

栄養指導

食生活のアドバイスや手術後の患者様、食事療法が必要な患者様に対して、治療食への理解や退院後も継続していただけるよう、医師の指示に基づき、管理栄養士が食事指導を行っています。※原則予約制

チーム医療

栄養状態の改善が必要な患者様に対して、専任の医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・言語聴覚士・臨床検査技師からなる「NST(栄養サポートチーム)」の活動を行っています。定期的な回診とカンファレンスを開いています。

患者様へ

安全で美味しい食事の提供と患者様に満足していただけるよう日々業務に取り組んでおります。食事や栄養に関するご質問等ございましたら、お気軽に栄養科までお問い合わせください。