イムス札幌消化器中央総合病院はIMS(イムス)グループの病院です。

IMS(イムス)グループ医療法人社団 明生会 イムス札幌消化器中央総合病院(旧称:琴似ロイヤル病院)

診療科紹介

もの忘れ(認知症)外来について

認知症=もの忘れ?

一般に認知症と聞いて一番に思い浮かべる症状は「もの忘れ」だと思います。
しかし、もの忘れ(=記憶障害)は認知障害の一つの分野でしかありません。
認知障害にはこの他にも見当識障害、実行機能障害、複雑性注意障害などいくつかの分野があります。
どの分野にどういう障害があるかを丁寧に診察していくことは、その後の診断や治療にとても大切です。

誰のための、何のための診断や治療なのかを考えます

認知症を発症したご本人はもちろんのこと、まわりのご家族も大きな不安と困惑を感じて来院されます。
しかし診断をつけることだけではこれらの問題は解決しないことがほとんどです。
どうしたらより良い生活になるのか、医療、介護、社会制度など多くの視点から考えていきます。

初診は二回に分けた診察と、患者さんをよく知る方のご同伴をお願いしています

上記2つの項目と関連しますが、正確な診断のために初回はまず患者さんとご家族から普段の様子や問題点についてゆっくりお話をお伺いします。また認知症の諸検査も時間のかかるものが多いため、二度に分けて行います。
後日に行われる二回目の受診では、それらの検査結果を踏まえた診断をふまえて今後の方針について皆さんと話し合います。

もの忘れ外来受診のその後も

多くの場合、認知症は診断後も病状が進行、または変化していきます。当科ではもの忘れ外来を初診された後も継続的な診察を行っていきます。またご希望に応じて他の医療機関や介護施設との連携を行います。

脳神経外科であることを生かして

認知症の検査の過程で脳梗塞や脳動脈瘤、水頭症などの脳疾患が偶然に見つかることがあります。
当科は脳神経外科ですので、これらの病気についても治療が可能です。

認知症は早期診断・治療が大切です。
気になる症状がございましたら、是非早めに受診してください。なかなか病院へ足が向かない、という場合もご相談ください。

外来担当医表