イムス横浜国際看護専門学校

オープンキャンパス

平成29年度 オープンキャンパス

今年度のオープンキャンパスは終了いたしました。
学校説明会・学校見学会へのご参加をお待ちしております。
詳細はこちら


日程 予定内容 申込み
第1回

6月3日(土)
AM10:00開始

  • 学校説明/施設紹介
  • 模擬授業
  • 看護体験
  • 質問コーナー/学習紹介/施設見学

※10時には開始しますので、それまでにお越しください。
※筆記用具をご持参ください。

受付終了

第2回

8月5日(土)
AM10:00開始

受付終了

第3回

8月26日(土)
AM10:00開始

受付終了

※オープンキャンパスに参加できない方は、学校説明会または学校見学にご参加いただけます。

申込み方法

過去のオープンキャンパスの様子

平成29年度(6/3,8/5,8/26に開催)

  • ◆学校説明
    まずは学校長による学校説明。皆さん真剣に聞いています。

    学校長・副校長による学校説明。世界に誇る日本の「看護」の素晴らしさと、当校の理念や特徴についてお話しました。

  • ◆茶話会
    学習紹介コーナーでは、教科書などを展示。在校生が気軽質問に答えてくれます。

    学校生活の実際や勉強の大変さ・入試対策
    など様々な質問に学生たちが本音で答えます。
    普段どおりの学生たちの姿を見ていただけた
    のではないでしょうか。

  • ◆看護体験<ベッドメイキング>
    母性・小児実習室では、模型ベビーの抱っこや妊婦体験ができます。学生が授業で作った   「プレパレーション」(患児用説明ツール)も展示。

    看護師が実施することは少なくなりましたが、ベッドメイキングは入学して最初に習う看護技術です。習ったばかりの1年生が指導をしました。皆さんとても上手です。

  • ◆看護体験<聴診体験>
    本校教員による模擬授業の様子。第1回目は模型フィジコを使っての授業「血圧とは」。 第2回目は「看護の基本となるもの」。看護師になる!その心構えについてのお話でした。皆さん興味津々です。 

    身体の音を聴くことができる精巧な模型フィジコを使って、お腹や心臓の音を聴診器で聞く体験をしました。初めて聞く身体の音に皆さん興味津々です。

  • ◆看護体験<救命処置>
    赤ちゃんがもつふしぎな力、母子関係が築かれる過程を説明。写真と詩がとても感動をよびました。

    当校では1年次に全員が資格を取ります。
    一次救命の資格(BLSヘルスケアプロバイダー)をもつ学生たちが、身につけた救命処置法を披露。学生の指導を受けながら、皆さんにも体験してもらいました。

  • ◆模擬授業(6/3,8/5)
    成人/老年看護学実習室では、参加した皆さんにも自分の血圧の音を聞いてもらいます。在校生から学校生活や勉強のことなどを聞くうちに、自然と会話もはずみます。

    「包帯法」の授業を行いました。
    包帯の種類やさまざまな巻き方を学習したあと、2人1組になって「麦穂帯(ばくすいたい)」という巻き方に挑戦してもらいました。

  • ◆模擬授業(8/26)
    成人/老年看護学実習室では、参加した皆さんにも自分の血圧の音を聞いてもらいます。在校生から学校生活や勉強のことなどを聞くうちに、自然と会話もはずみます。

    看護の基本でもある「コミュニケーション」。なかでも特に重要な『きく』ことについての授業を行いました。
    看護におけるコミュニケーションの大切さや、『聞く』『聴く』『訊く』の違いを学び、最後にはみなさんにも看護の『きく』を体験してもらいました。

  • ◆看護学校公開講座(第2回学校説明会同時開催)
    「看護学校受験対策 学校選びと受験準備」
    講師:安西 孝之先生(東京アカデミー横浜校 事務局長)

    看護学校公開講座

    大学・専門学校の増加と入試の多様化、国家試験の難化といった看護基礎教育を取り巻く傾向のなかで、学校選びは受験を考える生徒さん・保護者の方々にとって悩ましい問題となっていることと思います。そこで今回は、看護師国家試験対策および看護医療系学校受験対策の予備校でもある「東京アカデミー」より安西孝之先生にお越しいただき、学校選びのポイントと受験に向けての対策についてお話しいただきました。
    学校に合格するため受験ではなく、あくまで「資格を取るための通過点」としての受験であり、そのための学校選び・受験勉強をする必要性があるということ、またそれ相応の準備が求められるということ。受験を考えるみなさんにとって、とても有意義なお話だったのではないでしょうか。