診療科のご案内

HOME > 診療科のご案内 > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

診療活動

診療活動

耳鼻科では慢性副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症に対して身体に負担の少ない内視鏡下での 手術を月5~6件行っております。また急性咽喉頭炎、急性扁桃炎、メニエール病、 突発性難聴、顔面神経麻痺などの入院加療も行っております。
標準純音聴力検査やチンパノメトリーといった耳の検査を行えます。また、電子 スコープによる鼻腔や喉咽頭の精密な検査も行えます。
補聴器外来も同時に行っており、補聴器メーカーと協力しメンテナンスを行い、 最近耳の聞こえが悪くなった新規の患者様も受入可能です。
東京慈恵会医科大学からの派遣のため、非常勤医師ではありますが、森山名誉教授、 鴻 教授をはじめとするチームで診療に当たるため、医師同士が充分な連携を取り ながら一人一人の患者様に対応ができます。
当科で対応が困難な場合は、東京慈恵会医科大学附属病院や獨協医科大学越谷病院へ 紹介となり、さらに高度な医療を受けることができます。患者様の選択肢が増え、 より良い医療を受けることができます。

今後の課題と展望

地域医療機関と連携し、紹介・逆紹介を推進し、患者様にとって何がベストなのかを提案・実施できる耳鼻科を目指します。

スタッフ



東京慈恵会医科大学からの医療チームで診療を行っています。

医師 <非常勤医>
鴻 信義(おおとり のぶよし)
東京慈恵会医科大学附属病院 耳鼻咽喉科診療副部長
東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室 教授、医学博士

1989年(平成1年) 東京慈恵会医科大学卒業
東京慈恵会医科大学付属病院研修医、助手を経て2004年より現職。
1997年よりスウェーデンのカロリンスカ王立研究所(ストックホルム)に2年間留学。
2004年より准教授、2014年より現職

主な研究分野は鼻科学、特に鼻副鼻腔疾患(副鼻腔炎、副鼻腔嚢胞、副鼻腔良性腫瘍、眼窩壁骨折)に対する内視鏡下鼻内手術の研究、ナビゲーションシステムなど手術支援機器の研究、難治性副鼻腔炎病態の研究、頭蓋底疾患に対する内視鏡下経鼻的手術の研究。

診療実績

平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年
1日平均外来患者数 59.9人 53.5人 52.6人 51.6人 49.2人
1日平均入院患者数 2.5人 2.5人 2.0人 2.2人 2.4人

耳鼻咽喉科

午前 西嶌 吉田 第1.3.4.5週鴻 *1
第2週非常勤医師
高石 栃木 第1・3・5週伊藤
第2・4週久木元
午後 西嶌 吉田 第1.3.4.5週鴻 *2
第2週非常勤医師
高石 第1・3・5週
第2・4週武富
*1 午前受付11:00まで・診察開始11:00~
*2 午後受付 16:30まで
*3 第2週のみ 受付10:30まで

森山教授診 10/22・11/5(完全予約制) 受付時間 10:30まで 診察開始 12:15から