診療科のご案内

HOME > 診療科のご案内 > 麻酔科

麻酔科

  • 診療活動

診療活動

患者さまが安心して手術を受けられる環境を作る、これが麻酔科の仕事です。
この仕事は、大きく3種類に分けられます。

  • 患者さまが「痛くない」「怖くない」状態で手術が受けられるようにする。同時に「患者さまが動かない」状態を作り出し、外科医が安全確実な操作をできるようにする。
  • 「手術自体が患者さまの体にかける負担」を少なくするよう努めて命を守る。たとえば、手術中の「出血」に対する治療や、心臓に御病気をお持ちの患者さまが手術を受ける際、心臓にかかる負担を減らし、危険な状態になった時には心臓を治療することなsどが例になります。
  • 麻酔は前述のとおり「手術を安全に行うためには不可欠な医療行為」ですが、「麻酔に用いる薬品」や「麻酔の手技」自体が、ひとつ間違うと生命にかかわるような危険性を持っています。麻酔科は、手術室内での人為的ミスを減らし、あらゆる手術で麻酔が「正しく確実に」行われるよう、麻酔技術に精通した医師の確保や、麻酔の指導に努めます。