春日部ロイヤル訪問看護ステーション

HOME > 女性 泌尿器リハビリ外来

女性 泌尿器リハビリ外来

  • はじめに
  • 診察日/受診の流れ

女性 泌尿器リハビリ外来とは

イメージ1

骨盤底筋群の筋力低下が原因で頻尿・尿もれ・骨盤内臓器脱などを主症状とした女性を対象とします。(産後の尿もれ症状にも対応させて頂きます)
専門にトレーニングを受けた女性理学療法士が個室にて対応しますので、ご不安な点はご相談ください。

対象となる症状

頻尿

排尿の回数が多い症状をいいます。
一般的には朝起きてから就寝までの回数が8回以上場合を指しますが、個人差があります。

過活動膀胱

急に排尿がしたくなり我慢できず(尿意切迫)トイレの回数が多くなる(頻尿)症状をいい、尿が間に合わずもれてしまうこともあります(切迫性尿失禁)

尿もれ

自分の意思とは関係なく尿がもれてしまう状態です。尿もれの状態によって以下の4つに分類されます

  • 腹圧性尿失禁
    重い物を持った時や咳やくしゃみなどお腹に力が入った時に尿もれを生じます。
    女性の約4割に症状があると言われています。
  • 切迫性尿失禁
    急に尿意を感じ我慢できずにもれてしまう症状をいいます。
  • 溢流性尿失禁
    排尿したくても行えず、少しずつもれてしまう症状で男性に多く見られます。(いつりゅうせい)
  • 機能性尿失禁
    身体機能の低下や認知症などが原因でもれてしまうことをいいます。
産後の尿もれ

妊娠中は、大きくなった子宮で膀胱が圧迫され尿もれを生じやすくなります。また、分娩時に骨盤底に負担がかかり産後は尿もれが出現する事があります。妊娠・出産後、ほとんどの方が経験され産後3~4か月で症状が消失すると言われています。

イメージ2
骨盤内臓器脱

骨盤にある子宮・膀胱・直腸などが、だんだんと腟から下がってきて体外に出てきてしまう病気のことを言います。下垂する臓器によって子宮脱、膀胱脱、直腸脱、小腸脱、腟脱と分類されます。

どんなことをするの?

膣と肛門を自分の意思通り動かすトレーニングを行います(骨盤底筋体操)。専門にトレーニングを受けた女性理学療法士がマンツーマンで丁寧に対応させて頂きます。症状も筋力もおひとりおひとり違うのでより的確なトレーニングを行う事ができます。2~3ヵ月継続して行うことにより筋力の強化、症状軽減、生活改善につなげられるようご一緒に考えていきたいと思います。

診察日

時間 月・火・土曜日
12:00~16:00 1回40分
料金 3.240円

※完全予約制となります。初診時は泌尿器科の受診がございます。

初めて受診される方へ

完全予約制となるのでお電話でご予約をお取り下さい。
『外来 泌尿器科リハビリ』を受診したい旨をお伝えください。

※初診時は泌尿器科の受診がございます。

初診予約コールセンター:048-736-1303
受付時間:月~金 9:00~15:00 土 9:00~11:30

受診までの流れ

予約制となりますのでお電話にてご予約を承ります

受診までの流れ