学校概要
HOME > 学校概要 > 学校長の挨拶
  • 学校長の挨拶
  • 理念・目的・目標
  • 学校沿革
  • オープンキャンパス
  • 入学をお考えの方へ

    入学をお考えの方へ

  • 入学をお考えの方へ
  • 奨学金について
  • 卒業後の進路
  • 学校評価
  • 地域情報
  • よくある質問
  • 看護教員募集
  • モバイル

学校長の挨拶

凡事徹底

本校は昭和39年に准看護婦学校として開校しました。昭和57年には看護学科(2年課程)を増設し、確かな技術の習得と、看護師として心優しい豊かな人間性の育成を教育の一環として養成してきました。この間に送り出した卒業生は、4,000名を超えています。


しかしながら、近年、社会状況が変化し、医療の分野でも高度化・細分化が必要となり、高い資質の看護師の育成が求められるようになりました。そこで准看護学科を閉課程し、平成14年4月から学校教育法に基づく「専修学校」として3年課程(全日制)を併設することになりました。


学校名を『板橋中央看護専門学校』と改称し、教育環境の整備を図り、新たな校風と歴史を育もうと再スタートしました。



本校は、人間性を尊重する心や、人の痛みを感じ取り思いやることができる優しさを持つ看護師の育成を目指しています。また、学生一人ひとりの特性を大切にし、学びやすい教育環境作りや学習指導に、教職員一丸となって努めております。


教育目標としては、看護の対象である人間を総合的に理解すること、その健康上の課題に対して科学的思考に基づいた判断と、その解決ができる基礎的能力を身につけること、そして自己の看護観を養い、専門職業人として常に看護を探求する態度が要求されます。


学習意欲と向上心を持ち、新しい時代の看護を担おうとする、熱意ある方々の入学をお待ちしております。


学校長

HOMEページトップ