人工透析

当クリニックで行う人工透析のご説明です

ホーム > 人工透析

診療の特色

受付時間

※下記表は横にスクロールできます。

  受付開始 診療時間
午前 8:30 9:00~13:30
午後 13:00 14:00~19:00

当院の特徴

通常の血液透析療法(HD)に加え、HDでの治療が困難な患者さまに対し、血液透析濾過療法(off-line HDF)や無酢酸透析(AFBF)を積極的に行っています。AFBFについては、2013年12月末の時点1)※で全国でも424名のみしか行っていない治療ですので当院での大きな特徴の1つとなっています。
また、家族性高脂血症や重症下肢動脈硬化症の患者さまに対しては、LDL吸着療法の治療も行っています。
隣接している新葛飾病院では、心臓血管外科医師が常勤で在籍していますので、バスキュラーアクセス(VA)の造設、VAのトラブルへの速やかな対応もしています。透析の合併症の一つでもある末梢動脈疾患(PAD)にも、経皮的血管形成術(PTA)・バイパス術を随時行っており、それでも治療困難な症例には整形外科医との連携のもと下肢切断術も行っています。
整形外科もありますので、透析患者さまに多い骨折の対応についても加療・入院が可能となっています。病院、クリニック共に各分野の専門の医師との連携を取っていますので、安心して通院することが出来るのも当院の特徴です。

当施設では、患者さまに安全でより良い透析を受けて頂く為、透析液の管理・清浄化に力を入れており、日本透析医学会のガイドラインに準拠した管理を行っています。

特徴
  • バスキュラーアクセス(VA)の造設、VAのトラブルに対しては随時、対応を行います。
  • LDL吸着療法を行っています。
  • 無酢酸透析(AFBF)を行っています。
  • 透析液の水質管理(清浄化)に特に力を入れています。
  • 送迎を行っています。(車椅子対応車あり 要相談)
    参考資料… ※わが国での慢性透析療法の現況(2013年12月31日現在)より http://docs.jsdt.or.jp/overview/pdf2014/2013all.pdf
  • 医療費助成制度

    透析導入と言われたら・・・

    透析にかかる医療費は高額なため患者さまに大きな負担が掛かります。
    その負担を軽減するために、国や各市町村で医療費制限を設けています。
    ※各助成制度の詳しいお問い合わせ

    定疾病
    療養受療証
    国保の方 お住まいの地域の市役所・区役所の保健課
    社保の方 ご加入の健康保険の保険者または、お勤め先
    マル都、マル障 東京都福祉保健局 マル都・・・ マル障・・・心身障害者の医療費助成
    障害者手帳 お住まいの地域の市役所・区役所の障害福祉課

    当院の送迎について

    当院では、通院が困難な患者さまに対して、無料送迎車輌を運行しています。
    車椅子対応の送迎車輌も御座いますので、ご相談下さい。
    (車椅子対応が出来ない場合もあります。)