03-5902-1199(代表)日曜・祝祭日・年末年始 24時間救急体制
外来・入院・検査のご案内

検査のご案内

マンモグラフィー検査のご案内

紹介状・検査依頼票ダウンロード

◆検査の手順
 圧迫し、引き込むことでより明確な乳がんの検査が可能になりました
◆「マンモグラフィー」検診 Q&A - こんな疑問にお答えします -
Q. マンモグラフィー検診ってなに?
A. 乳がんを診断する方法のひとつで、乳腺・乳房専用のレントゲン撮影をします。
乳がんは、しこりが小さいうちに発見し、適切な処理を行えば90%が治る病気ですから、定期的な検診をおすすめします。
Q. なぜ撮影で圧迫が必要なのですか?
A. 乳房を圧迫しながら薄く均等に広げることにより、少ないレントゲン量で乳房のなかをより鮮明に見ることができるからです。
Q. レントゲン撮影は身体への影響はありますか?
A. マンモグラフィーが体へ及ぼす影響はほとんどないと考えられています。
また、1回の被曝量は通常の生活で1年間に受ける自然放射線量の約50分の1程度です。
明理会中央総合病院 〒114-0001 東京都北区東十条3丁目2番11号