03-5902-1199(代表)日曜・祝祭日・年末年始 24時間救急体制
診療部門のご案内

診療科のご案内<内科系>

腎臓内科

◆ご挨拶
平成21年11月の開院時より、血液浄化療法センターを立ち上げました。センターでは、旧大和病院の患者様から北区在住の患者様、そして旧東十条病院の患者様の透析を行っております。透析患者様は、心血管系合併症、末梢動脈疾患、そしてシャントトラブルなどが多く、当院では積極的に心臓カテーテル検査および冠動脈バイパス術、下肢血管(血管内・外科的)治療、シャント不全に対する経皮的血管形成術(PTA)を行い、透析患者様のQOLの改善を目指しています。
◆診療内容・概要
糖尿病性腎症、慢性腎炎、腎硬化症、多発性のう胞腎などの慢性腎臓病に対して、糖尿病のカロリー制限食や高血圧の塩分制限食、高カリウム血症に対するカリウム制限食(調理法)などを管理栄養士と連携しながら、少しでも腎機能の悪化を遅らせるように治療や生活指導を行います。また、糖尿病性腎症等の慢性腎不全や急性腎不全に対する血液浄化療法(血液透析)を行います。また、ネフローゼ症候群に対する治療、各病態に対する血漿交換療法、敗血症に対するエンドトキシン吸着、炎症性腸疾患に対する体外循環療法も行っております。
◆診療の特色(対象となる疾患など)
血液浄化療法センターはベッド数34床(電動チェア型4台)で、月・水・金は午前・午後、火・木・土は午前の透析を行っております(空床状況、診療時間についてはお問い合わせ下さい)。当院は、日本透析医学会教育関連施設認定を受けており、血液透析の導入から維持透析また通院困難な患者様のためにリハビリテーション目的の入院透析も可能な限りお受けしております。また、他施設で透析を受けていらっしゃる患者様で、眼科(白内障等)、泌尿器科(腎臓・膀胱・前立腺等の悪性腫瘍、結石等)、整形外科(四肢の骨折、手根管症候群等)、外科(消化管の悪性腫瘍、ヘルニア、胆石症、痔核等)、心臓カテーテル検査および心臓疾患(冠動脈疾患、弁膜症、不整脈、ペースメーカー埋め込み等)などで当院での検査および治療を望まれる患者様の入院透析も行っております。また、内シャント狭窄や閉塞に対するPTA(経皮的血管形成術)や心臓血管外科医によるブラッドアクセス作製(内シャント、動脈表在化、グラフト置換術)も随時行っております。さらに透析患者様の合併症である、末梢動脈疾患に対して、心臓血管外科医による下肢バイパス術も行っております。また、ICUでも術後や重症な患者様に対する血液浄化療法が可能となっております。
◆医師紹介(専門分野/資格)
氏名
菊池 史(きくち ふみと)
役職
副院長
腎臓内科部長
血液浄化療法センター長
認定資格
日本内科学内科認定医
日本透析医学会認定専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
身体障害者福祉法15条指定医(腎臓機能障害)
氏名
安田 文彦(やすだ ふみひこ)
出身大学・卒年
東邦大学・平成18年
◆備考
外来透析患者様の送迎のご相談もお受けしております。ただし、人数に限りがございますのでご了承ください。また、東京腎泌尿器センター大和病院近隣(板橋本町)にお住まいの患者様には、東京腎泌尿器センター大和病院併設の大和ロイヤルクリニックもご紹介しております(透析ベッド22床、月・水・金、火・木・土とも夜間透析を行っております)。空床状況、診療時間につきましてはお気軽にご相談下さい。
◆外来担当医表
午 前
午 後 安 田
(腎臓内科)
菊 池
(腎臓内科)
菊 池
(腎臓内科)


は女性医師

青色・・・当院常勤医師
休診情報はこちら


 
明理会中央総合病院 〒114-0001 東京都北区東十条3丁目2番11号