03-5902-1199(代表)日曜・祝祭日・年末年始 24時間救急体制
診療部門のご案内
  1. トップページ
  2. [診療部門のご案内]診療科のご案内
  3. [小児科・麻酔科・放射線科] 麻酔科・ペイン外来

診療科のご案内<小児科・麻酔科・放射線科>

麻酔科・ペイン外来

◆ご挨拶
当院麻酔科は高齢者やリスクの高い患者様の手術に対しても安心かつ安全な麻酔を行うように万全を期しております。
又、術後の痛みに対しても十分に考慮し適宜対応いたします。
◆医師紹介
星野 真里子医師 資格:麻酔科専門医

弘田 博子医師 資格:麻酔科専門医
           麻酔科標榜医
           ペインクリニック専門医
◆ペイン外来のご案内
診療日:毎週金曜日 午前午後
診療時間:毎週金曜日 午前8:30〜12:30/午後14:00〜17:00
     ペイン外来予約制となります。
     お問い合わせ先:03-5902-1199(代表)
◆診療の特色
〜ペインクリニック〜
痛みを減らす治療を専門とする診療科です。
痛みは、体の異常事態を知らせる警告として大切な役割を持っています。しかしその役割を終えた痛みが長引くと、より強い痛みや新しい痛みが現れてくる、いわゆる「痛みの悪循環」が生じ、痛みは有害な存在へと変わっていきます。ひとたびこの悪循環に陥ると、なかなか一般の治療に反応しません。痛みが長期化すると生活の質(Quality of life:QOL)を低下させる事になります。
痛みの悪循環に陥る前にペインクリニックで治療をする事が慢性痛とならないために必要です。

患者さん個人個人に合わせて生活の質の維持と向上を目標に、神経ブロック療法を中心に薬物療法など様々な方法を用いて治療を行います。

ペインクリニックでは様々な痛みに対して治療を行います。
また主な治療手段である神経ブロック療法には鎮痛効果以外に血流改善効果もあります。この為血流改善によって症状が良くなることが期待される疾患も治療対象となります。

神経ブロックとは?
注射で局所麻酔薬を注入し、痛みを伝える知覚神経を遮断(ブロック)するという治療です。 交感神経もブロックされるため局所の血流が改善され、自然治癒力を高めるとも考えられています。
◆対象となる疾患
全身:帯状疱疹(ヘルペス)や帯状疱疹後の神経痛、悪性腫瘍
頭部:偏頭痛、筋緊張性頭痛、群発頭痛
顔面:三叉神経痛、顎関節症
頚肩上肢:頚肩腕症候群、五十肩、肩こり、頚椎椎間板ヘルニア
胸背部:助間神経痛
腰下肢:ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症
四肢:末梢血管障害

〜痛みのないもの〜
顔面神経麻痺、突発性難聴、花粉症、多汗症など

※その他痛みに関する事は何でもご相談下さい。
◆外来担当医表
午 前 弘田
ペイン外来
(予約制)
午 後

弘田
ペイン外来
(予約制)
は女性医師
※毎週金曜日のペイン外来は、1階の注射室で診療を行います(完全予約制)。
休診情報はこちら
明理会中央総合病院 〒114-0001 東京都北区東十条3丁目2番11号