03-5902-1199(代表)日曜・祝祭日・年末年始 24時間救急体制
診療部門のご案内

専門診療のご案内

肛門外科

肛門外科の特徴
いぼ痔とは
いぼ痔の症状は
いぼ痔の治療法は
硬化療法「ジオン注射」とは
PPHによる治療法とは
どのような時に手術になるの
痔ろうの症状は
きれ痔の症状は

・2人の専門医が対応
・入院が短期間
・痛みの無い治療



痔とは、内痔核・外痔核・痔ろう(肛門周囲膿傷)・裂孔・直腸脱などの肛門に関わる良性疾患の総称です。

(痔核)

(裂孔)

(痔ろう)



このような 症状があれば、いぼ痔を疑ってみてください。
   
           
              

いぼ痔の程度は、軽いⅠ度〜辛いⅣ度まで分類されています。

Ⅰ度 出血が主な症状いぼは、でない

Ⅲ度

手で押し込まないと戻らない
Ⅱ度 排便時に出てくる自然に戻る

Ⅳ度

腫れて常に脱出戻らない



現在、痔核に対して有効と考えられるのはこの4つの治療法です。
軟膏(クスリ)による治療
ジオン注射・ALTA(痛みの無い注射)による治療
PPH(痛みの無い機械手術)による治療
手術治療



ジオンの治療対象は、痛みを感じない部分に発生したⅠ度〜Ⅲ度までの内痔核および軽度の直腸脱になります。
場合によりⅣ度でも改善しますのでご相談ください。
図のように4ヶ所に分けて注射します。
通常、無麻酔で行えますが、場合により肛門周囲へ局所麻酔をすることで楽に治療が受けられます。
注射後、直ちに硬化剤の効果が現れます。
通常日帰り治療ですが、入院希望の方はご相談ください。
外来でのアフターケアも万全です。


肛門の形は保たれ、変形せず痔核は改善します。



PPHの治療法は、Ⅰ度〜Ⅲ度までの内痔核および軽度の直腸脱になります。
このような、キットを用いて行う手術法です。
機械にて的確に直腸粘膜を短縮、痔核への血流を遮断し治す方法です。
手術はこのように直腸内に吻合線が出来ます。
肛門の形は保たれ、変化せずに痔核に改善します。

通常、全身麻酔が半身麻酔にて行います。
痛みの無い部分で吻合されますので、術後の痛みは見られません。
入院は必要ですが、痛みが無いため短期入院ですぐに日常生活へ戻れます。
外来でのアフターケアも万全です。



ジオン注射、PPHによる治療でも改善が見込めない場合(Ⅳ度以上)
ポリープ等が併存している場合
肛門に皮膚のたるみが気になる場合
ジオン注射による治療は受けたが改善が思わしくない場合
血栓性外痔核の場合⇒こちらは外来にて切開のみで終わります。

このような時は、定型的な手術療法となります。
手術となった場合でも日本大腸肛門病学会専門医がおこない
傷はなるべく最小限にとどめ、肛門の形を保ち変形の無いように行います。
入院は4日間と短期間です。
外来でのアフターケアも万全です。



次のような症状がみられたら、痔ろうを疑ったみてください。
 
 
痔ろうになる前に肛門周囲膿瘍と言って、膿がたまり痛みをともなって腫れる状態がはじまります。
肛門周囲膿瘍は判断されると、外来にて切開します。
大半の方は切開にて改善しますが、一部トンネル状の細い通路が出来、痛みと排膿が続きます。
これが痔ろうです。

痔ろうの治療は、原則手術となります。トンネル状の細い通路を取り除く手術ですが、痔ろうのパターンによる手術法は多岐にわたりますので、専門医にご相談ください。
単純なものでは、入院は4日と短期間ですみます。
外来でアフターケアを行っています。



排便の時、強くいきんだり、頻回の下痢により肛門上皮が裂け懲ります。
女性に多く、冷え性とも関係していると思われます。

初期・急性期は排便後の痛み、新鮮血といった症状がみられます。
初期の状態であれば緩下剤の内服と軟膏治療にて改善してきます。
ただ、毎日使うところでもありますので、繰り返すことが多いです。
何年もの間、裂肛の状態が続くと慢性裂孔という状態になり、みはりイボの発生や、繊維性に皮膚が硬くなり狭窄が起きてきます。ここまでいくと便が出しづらい・便が細くなるといった症状が現れ、手術が必要になってきます。
このような症状がみられ気になる方は専門医にご相談ください。
手術入院は4日と短期間ですみます。
外来でアフターケアを行っています。
明理会中央総合病院 〒114-0001 東京都北区東十条3丁目2番11号