03-5902-1199(代表)日曜・祝祭日・年末年始 24時間救急体制
病院の概要・ご案内
  1. トップページ
  2. [病院の概要・ご案内] 院長挨拶

院長挨拶

『明理会中央総合病院』はIMSグループ(板橋中央総合病院グループ)に属し、東京都板橋区において、昭和51年「大和病院」として開設以来、腎・泌尿器科の専門病院として地域医療に貢献してまいりました。
平成21年11月に東京都北区東十条へ移転し、これまでの「大和病院」から『明理会中央総合病院』へ病院名を変更いたしました。従来の病床数167床から311床への増床、診療科の拡大により、地域中核を担う総合病院として生まれ変わりました。


院長挨拶

病院理念「まず愛し、そして愛される病院」に近づけているのか、職員一同日々自らに問いかけております。愛することとは、自分が中心ではなく、相手が中心でなければいけません。その人のために何をすべきか、何ができるかを真剣に考え、実践すること。当たり前ですが重要なことです。
患者様が気軽に声をかけてくれる病院、家族のように相談できる病院、そして入院中は安心して任せられる病院、そんな病院にしたいと思っております。
また地域連携も密にして、かかりつけ医の先生方にも、気軽にお声掛けいただき、利用していただける病院になりたいと思います。
24時間365日、常に受診でき高度な医療が提供できる病院である一方、人に優しい医療を目指していきます。地域の皆様に気軽に受診していただき、安心して医療が受けられることが私のもっとも重要な目標です。
皆様のお役に立てるよう全力で頑張りますのでよろしくお願いいたします。

病院長 金丸峯雄
明理会中央総合病院 〒114-0001 東京都北区東十条3丁目2番11号