03-5902-1199(代表)日曜・祝祭日・年末年始 24時間救急体制
最新情報
  1. トップページ
  2. 最新情報

最新情報

マンモグラフィ検診施設画像認定を取得しました

この度、明理会中央総合病院は、2012年2月にマンモグラフィ検診施設画像認定を取得いたしました。この認定はマンモグラフィ検診精度管理中央委員会(精中委(1))が、書類審査、画像評価、線量評価に関する審査を行い、必要な基準を全て満たしている施設に対し交付するものです。この評価は3年毎に更新が義務づけられております。
マンモグラフィでは、微細な石灰化や小さな腫瘤陰影を描出しなければなりません。そのため、医療機関は装置の品質管理を定期的に行い、精度の高い検査を常に提供することが必要です。この認定は良質な検査を保証する指標となります。



明理会中央総合病院では「検診マンモグラフィ読影医師(2) 」「検診マンモグラフィ撮影有資格技師 (3)」「マンモグラフィ検診画像認定施設」の3つがそろい、検査環境が整備された事が客観的に認められた施設となりました。

これからも機器の管理及び撮影技術の向上に努め、より質の高い診療を提供していくと共に、より良い環境を整え、患者様に安心して検査を受けていただけるよう努めてまいります。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
(1) NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会(精中委)
わが国の乳がん検診の精度管理を担う関連の主要6団体で構成されたNPO法人。マンモグラフィ検診の精度管理について検討し、医師・放射線技師や検診実施機関・精密検査実施機関、一般住民や患者団体に対して、教育研修・評価認定事業、検診啓発事業、患者団体との連携等の事業を全国規模で行う共に、本邦内外における精度の高いマンモグラフィ検診の普及、ひいては乳癌死亡数低下のために寄与することを目的とする。

(2) 検診マンモグラフィ読影医師
精中委主催の読影に関する講習を受講し、読影試験に合格し認定された医師

(3) 検診マンモグラフィ撮影診療放射線技師
精中委主催の撮影技術・精度管理の講習を受講し、読影試験およびマンモグラフィの基礎・撮影技術・品質管理・撮影機器についての筆記試験に合格し認定された診療放射線技師

明理会中央総合病院 〒114-0001 東京都北区東十条3丁目2番11号