内視鏡外科 診療科

内視鏡外科の八岡先生がBest Doctors in Japanに選出されました。

詳細はこちら

概要

内視鏡外科では、からだにやさしい低侵襲手術を行っています。つまり、おなかを大きく切らず、小さな内視鏡(カメラ)と細い器具(手術鉗子)を使って、がんなどの病変部を切り取ったり縫い合わせたりして治療します。

対象疾患は、胃がんや大腸がんのほか、消化管粘膜下腫瘍、胆石症、胆のうポリープ、虫垂炎など腹部の病気を幅広くカバーしています。

また、鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)の手術にも力を入れています。手術室では、ハイビジョンシステムや先端技術を駆使して丁寧に手術を行っています。

不安なことは何でもご相談ください。

診療内容(特色)

 胃癌、大腸癌、胆石症、虫垂炎を中心とした消化器疾患を対象にしております。さらに、鼠径ヘルニアや腹壁瘢痕ヘルニアの手術にも力を入れています。主な対象疾患と術式は以下の通りです。

 複数の医師で作ったチーム医療を構築してします。ガイドラインに準じて各疾患の治療方針を決定しており、手術の標準化を図って手術手順を統一しました。

 当院は地域の開業医の先生方と密接な連繋をとる、「病診連繋」を重視しております。クリニックの先生方と当施設の長所を生かし、地域に根ざした医療を心がけています。
 療養型病院がいくつかあり、グループ病院の利点を生かした入退院の調整が可能です。
 腹腔鏡手術を主体に治療を組み立てておりますが、がん専門医による術前後の抗がん剤治療や板橋中央総合病院での放射線治療も併用してさらなる治療成績向上を図っております。
 現在、ロボットによる低侵襲治療のプロジェクトと手術手技を通じた国際交流も進行中です。

対象疾患

胃粘膜下腫瘍 腹腔鏡下胃部分切除
胃がん、胃腫瘍 腹腔鏡下胃切除術
穿孔性潰瘍 腹腔鏡下穿孔部閉鎖・大網被覆術
肝嚢胞 腹腔鏡下肝開窓術
胆石症・急性胆嚢炎 細径鉗子を用いた腹腔鏡下胆嚢摘出術
腸閉塞、腸管癒着症 鏡視下癒着剥離術
急性虫垂炎 細径鉗子を用いた腹腔鏡下虫垂切除術
大腸直腸がん、大腸腫瘍 腹腔鏡下大腸切除術、単孔式腹腔鏡下大腸切除術
鼠径ヘルニア 腹腔鏡下ヘルニア根治術(TAPP法)
腹壁瘢痕ヘルニア 腹腔鏡下腹壁瘢痕ヘルニア修復術

医師紹介

内視鏡外科センター長 八岡 利昌

八岡 利昌
所属学会・資格 【学会評議員】
・日本内視鏡外科学会
・日本大腸肛門病学会
・日本臨床外科学会
・日本外科系連合学会
【国際学会会員】
・SAGES 正会員 (米国消化器内視鏡外科学会)
・EAES 正会員 (欧州内視鏡外科学会)
・ISUCRS正会員 (国際大学直腸結腸外科学会)
・ESSO 正会員 (欧州外科腫瘍学会)
【資格】
・da Vinci certified surgeon  ロボット(da Vinci)手術認定医
・日本内視鏡外科学会  技術認定医
・日本消化器内視鏡学会 認定医・専門医・指導医
・日本消化器病学会   認定医・専門医・指導医
・日本外科学会     認定医・専門医・指導医
・日本消化器外科学会  認定医・専門医・指導医
・日本大腸肛門病学会  専門医・指導医
・日本消化管学会    専門医・暫定教育医
・日本がん治療機構   認定医・暫定教育医
・消化器がん外科治療認定医
・マンモグラフィー読影認定評価A
・日本医師会認定産業医
・日本医師会認定スポーツ医
・日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 ストーマ認定医
・麻酔科標榜医
主な経歴 ・平成 元年 防衛医科大学校  医学科卒
 初期・専門研修(所沢肛門病院、指扇病院などで研修)
・平成  8年 東北大学大学院  医学系研究科
・平成13年 東北労災病院   外科医長
・平成14年 東京都立駒込病院 外科医員 (胃外科、食道外科、肝胆膵外科)
・平成22年 埼玉県立がんセンター 外科副部長
・平成25年 Weill Cornell Medical College 外科
・平成29年 イムス三芳総合病院 内視鏡外科センター長
一言コメント  これまで埼玉県、仙台市、東京都を中心に勤務させていただき、胃癌や大腸癌など消化器癌の外科治療に携わってきました。
 約2000例の手術症例を経験しましたが、最近10年間は特に腹腔鏡手術に力を入れてきました。
腹腔鏡下大腸切除を中心に約800例の低侵襲手術を行い、良好な手術成績を収めてきました。
 今後はこれまでの技術を生かして地域医療に貢献したいと思います。よろしくお願いいたします。

概要

現在、内視鏡外科医師を募集しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。