検査科/放射線科

検査科/放射線科

検査科

検査科では、患者さまの状態を数値やグラフ・画像などの目に見える形で提供しています。
大きくは検体検査と生理学検査に分かれ、5名の検査技師がローテーションで各種検査を行っております。

検査科

検体検査

患者さまから採取した、血液や尿、便、喀痰などを用いて行う検査です。検査科では、生化学検査(肝機能、腎機能、血糖値など)、血液学検査(白血球数・分画、赤血球数、ヘモグロビン値、血小板数など)、尿検査(潜血、尿タンパク、尿糖、尿細胞成分など)、インフルエンザやノロウイルス検査、皮膚検査(疥癬、真菌など)、血液ガス分析検査、輸血時の検査などを行っております。

検体検査

生理学検査

患者さまにご協力いただきながら行う検査で、心電図検査、ホルター心電図検査、脳波検査、超音波検査(消化器、泌尿器、甲状腺)、聴力検査などを行っております。

生理学検査

チーム医療

感染対策やNST(栄養サポートチーム)などのチーム医療に積極的に参加しております。

ホルター心電図解析センター

ホルター心電図の解析を行う「ホルター心電図解析センター」が併設されております。宮城県内の病院・クリニックから多数のご依頼をいただいております。

放射線科

放射線科では胸部など一般撮影、消化器用TV、ベッドサイドで撮影するポータブル、全身用4マルチスライスCTの装置があり、各種検査に対応しております。
当院は長期療養される高齢の患者さまも多くいらっしゃいます。
検査は多少なりとも苦痛や不安が伴うことが多いため、なるべく患者さまとコミュニケーションを取りながら、少しでも苦痛を軽減し、安心して検査を受けていただけるよう努めております。

放射線科 放射線科