病棟のご案内

病棟のご案内

病棟のご案内

当院には5つの病棟があります。患者さま一人ひとりに合わせた医療の提供をこころがけています。

障害者病棟(D2病棟) 49床

障害者病棟には、重度意識障害や難病、重度四肢麻痺があり、医療依存度の高い患者さまが入院されています。
自ら医師を伝えることができない方の割合が多いため、身体の微かな変化を見逃すことがないように看護を行っております。患者さまの人としての尊厳を守り、安全で平等な看護が提供できるように、また、ご家族の気持ちに寄り添えるような看護が提供できるよ努めております。

中央廊下

内科療養病棟(D3・D4・D5病棟) 180床

内科療養病棟には、急性期治療が終了した後も療養を継続する必要がある慢性期の患者さまが入院されております。患者さま一人ひとりの生活史を知り、それに添えるような看護・介護を提供できるように取り組み、ご家族とのコミュニケーションを通じてより良い看護・介護を考えています。また、5階病棟はリハビリテーションに特化した病棟です。その方に必要な生活動作や食事訓練・動作訓練を行い、在宅へ退院できるように積極的なケアに取り組む病棟となっております。

多目的ホール 車イス置場

精神一般病棟(A1・A2病棟) 110床

精神一般病棟は、精神疾患と身体合併症を抱える患者さまを対象とさせていただいております。
認知症やうつ病、統合失調症などの精神疾患により、自宅や施設での生活継続が難しく、精神面へのケアが必要な方を受け入れております。

精神科病棟入口前 精神科病棟 4床室

精神療養病棟(A3・A4病棟) 106床

精神療養病棟は、認知症やうつ病、統合失調症などの診断を受け、精神面におけるケアが必要な患者さまがご入院されております。
慢性期の長期入院患者が多く、日常生活全般の援助や自立に向けて、作業療法などを行っております。

A棟 A棟

認知症治療病棟(D6病棟) 56床

認知症治療病棟は、認知症に伴って現れる精神症状や行動障害(徘徊・暴力・睡眠障害など)のため、自宅や施設で生活困難な患者さまを受け入れ、生活機能回復訓練を通し症状の緩和と心の安定を図り、在宅復帰へのお手伝いをさせていただきます。

A棟