褥瘡対策チーム

感染対策チーム(ICT)について

ICTとは、「Infection Control Team(インフェクション コントロール チーム)」の略語であり、病院全体の感染管理、及び感染症から患者様・ご家族様・職員等の関わる全ての方を守るための活動を行う組織です。

当院の感染管理部門について

 ICTは感染管理者を始め、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、等の多職種から成り立っており、月に1回のカンファレンス、及び感染症発生時の臨時カンファレンス・院内ラウンドを通して、感染対策を行っております。
ICTでの検討事項は、毎月の感染対策委員会へと上申され、集団感染発生時等は対策の方向性を決定します。
また、病院内の各部署にはリンクスタッフを配置しており、会議やICTでの決定事項はリンクスタッフを通して、全職員へ周知徹底されるよう、組織を構成しております。

褥瘡

主な活動内容

感染サーベイランス

院内の感染症の発生状況、各種サーベイランス、抗菌薬使用状況、行政発令等について、ICTにて状況把握、及び情報共有、検討を行っております。

院内ラウンド

定期的に院内をラウンドし、感染管理状況の確認や、職員への周知度確認ヒヤリング(手指消毒方法や感染状況把握方法)のチェックを行っております。

感染対策勉強会

感染対策に関する院内勉強会を定期的に開催実施し、感染対策に関する知識の習得・再確認を行っております。

感染対策マニュアルの作成、見直し

あらゆる感染症に対応すべく、マニュアルの作成、及び都度改訂を行い、全職員へ周知しております。 また、感染症発症時には初期行動や対処に問題が無かったか是正し、随時マニュアルの改訂を行っております。

感染対策に係る他病院との連携について

当院では、感染対策に係る他医療機関との連携を図っており、定期的なカンファレンス、及び事例検討会を合同開催しております。
今後も他医療機関からのアドバイスや参考事例を元に、より質の高い感染対策に向けて取り組んで参ります。
※連携先:仙台赤十字病院、イムス明理会仙台総合病院、山形ロイヤル病院