リハビリテーション

リハビリテーション

疾患別リハビリテーション

当院では脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)の施設基準を有しており、脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)では理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)では理学療法士、作業療法士のそれぞれの専門家が、患者さまの個性に合わせたリハビリテーションを提供しています。
「患者さまのために何ができるか」ということを常に考えながら日々臨床に臨んでおります。少しでも生活を営みやすく、豊かにするためのサポートをスタッフ一丸となって行います。

精神科作業療法

人は暮らしの中で仕事趣味活動など、様々な作業活動を行っています。
当院では、これらの作業活動を治療手段とし、手芸や工作、ゲームや体操、カラオケなどのプログラムを提供しております。楽しみながら行うことで、その人らしさを取り戻していただく心のリハビリテーションを行っています。

入院生活技能訓練療法

生活の中で人の関わりが人生を豊かにしてくれます。
臨床心理技術者、作業療法士と一緒にお茶を飲みながら会話を楽しんでもらっています。生活の中で生じる対人関係などの問題を一緒に考え、回復の支援を行っております。

摂食機能療法

疾患や加齢により口から食べることができなくなることがあります。当院では嚥下造影検査などで機能評価を行います。そして、言語聴覚士や栄養士や看護師など患者さまにかかわる職種が力を合わせ、患者さまに適した食物形態や介助法を提案しています。口から食べられなくなるということは、大きな喪失感を招きます。患者さまの「食べたい」という気持ちに寄り添い、他職種が連携を取りながら安全に食べ続けることができるようサポートしています。