• 文字サイズ変更
サイト内検索 powered by Google

各部署紹介

臨床工学科

臨床工学科について

臨床工学技士とは医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う医療機器の専門医療職です。
医師をはじめ、看護師・診療放射線技師・臨床検査技師・薬剤師などのコメディカルと共にチーム医療の一員として患者様の生命維持をサポートしています。
当院の臨床工学技士は現在4名で、心臓カテーテル業務、手術室業務、人工呼吸器管理業務、高気圧酸素治療業務、医療機器管理業務などを行っています。

関連学会・認定士取得・関連研修及び講習会一覧

認定学会 資格名 所得人数
日本臨床工学技士会 医療機器安全管理責任者講習 2人
実習指導者講習 1人
透析療法合同専門委員会 透析技術認定士 1人
日本胸部外科学会、日本呼吸器学会、日本麻酔科学会 呼吸療法認定士 1人
日本生体医工学会 第2種ME技術認定士 2人
日本医療機器学会 MDIC 1人
日本救急医学会 ICLS講習 1人
AHA、日本ACLS協会など BLS講習 2人
日本高気圧環境・潜水医学会 高気圧酸素治療装置操作技師 2人
日本不整脈デバイス工業会 条件付きMRI対応デバイス研修 3人

代表的な保有機器

  • 高気圧酸素治療装置KHO-200型
  • 紫外線治療装置デルマレイ200
  • TURisシステム
  • 超音波手術器ソノサージ
  • IVUS(血管内超音波)装置
  • OCT(光干渉断層撮影)装置
  • IABP装置AutoCAT2 WAVE
  • 人工呼吸器VELA
  • 経腸栄養ポンプTOP-A600

心臓カテーテル業務

 循環器内科における心臓カテーテル検査治療時、
ポリグラフや血管内超音波装置(IVUS)、
光干渉断層撮影(OCT)、 部分血流予備量比(FFR)、瞬時血流予備量比(iFR)などの検査を 行います。 また大動脈バルーンパンピング法(IABP)、体外式ペースメーカ などの操作も行います。医師、看護師、放射線技師など、他職種が 一丸となって安全な検査・治療に努めています。


手術室

 手術室では主に整形外科での関節鏡視下手術や 外科の腹腔鏡視下手術、泌尿器科のTURisシステムの 立会い、機器操作をしています。また、麻酔器の始業点検を 始め、生体情報モニタ、電気メス、シリンジポンプ等の 日常点検を行っています。

test

人工呼吸器管理

 院内における人工呼吸器の管理や保守点検を行っています。 人工呼吸器の使用中点検は毎日ラウンドを行い安全に稼働して いることを確認しています。気道粘液除去装置の介助も行っています。

test

高気圧酸素治療法(HBO:Hyperbaric Oxygen Therapy)

 大気圧より高い気圧環境下で高濃度の酸素を吸入することで、 血中の溶解酸素濃度を上げて様々な疾患の改善を図ります。 臨床工学技士は医師の指示の下、高気圧酸素治療装置の 操作及び保守点検を行っています。

test

医療機器管理

 人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、除細動器、 生体情報モニタ等の医療機器を安全に使用でき、機器の 性能が維持できるように保守点検を行います。

test

ペースメーカ外来

 半年に一回外来にてペースメーカのチェックを 行っています。 波高値、閾値、リード抵抗値、バッテリ残量などを チェックし、患者さんが安心して生活できるように サポートします。

test

勉強会・公開講座等

 人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、除細動器、 IABP、医療ガスなどの勉強会を看護師等に随時開催して います。 公開講座では一般の方々に対して『AEDってなあに?』 などの内容で医療機器を知っていただく活動を行っています。

test

TOPへ
IMSグループ 医療法人財団明理会 イムス太田中央総合病院

〒373-8513 群馬県太田市東今泉町875番地1
TEL:0276-37-2378(代表)


Copyright