• 文字サイズ変更
サイト内検索 powered by Google

各部署紹介

理学療法

理学療法とは病気、怪我、加齢、障害などによって身体の運動機能が低下した状態にある方々に対し、医師の指示のもと各個人の状態を評価し(身体機能、心理面、リスクなど)、適切な治療法や目標を設定することで、運動療法(運動を通じて筋力強化や関節可動域の改善、動作の獲得、姿勢の改善など)、や物理療法(温熱、電気療法など)などを実施し、機能回復を図ることを目的とした治療法です。また、運動・動作の専門性を生かし、福祉用具の適用相談、住宅改修相談も行います。

理学療法の治療内容

運動療法

  • 関節可動域訓練
      関節の柔軟性や動きを改善することで拘縮の予防を目的とします。
  • 筋力増強訓練
      怪我や病気で生じた筋力低下の改善を目的とします。
  • 基本動作訓練
      寝返り、起き上がり、立ち上がりといった起居動作訓練、移乗や歩行といった移動動作訓練を行い、動作能力向上を図ります。

  



物理療法

  • 温熱療法
      ホットパックやマイクロ波などの温熱刺激により循環の改善や疼痛の軽減、リラクゼーション効果を得る治療法です。
  • 電気療法
      低周波を身体に流し、その刺激により疼痛軽減や筋力向上を図ります。
  • 水治療法
      冷水や温水を使用し、血液循環向上や筋・皮膚の柔軟性向上を図ります。

  

対象疾患割合(平成27年4月~平成28年2月 平均)



TOPへ
IMSグループ 医療法人財団明理会 イムス太田中央総合病院

〒373-8513 群馬県太田市東今泉町875番地1
TEL:0276-37-2378(代表)


Copyright