• 文字サイズ変更
サイト内検索 powered by Google

各部署紹介

リクルート情報

卒後教育について

当リハビリテーション科では、業務内容や実践的知識・技術の習得、各セラピストの能力向上、リハビリテーション科全体のスキルアップを通して、患者様に提供するリハビリテーションの質の向上を図っています。年間を通して勉強会や研修が開催されております。
 方法として、新人教育にはプリセプター方式を採用し、1対1で指導を行うことで、必要な知識や業務内容を身に付けて頂いています。また、リハビリテーション科全スタッフによる講義や実技の講習を実施しています。

1日の流れ

8:10 8:20 8:30〜12:00 13:00〜17:00 17:30 17:50
出勤 掃除
朝礼
順義
患者様対応 お昼休憩 患者様対応 カルテ書類業務
科内会議
退勤

卒後教育の流れ

卒後教育の流れ

病院紹介


  • 地域密着

    地域連携パスを使用した密な連携を行い、地域に根差した医療を提供しています。

  • 他職種連携

    他職種で患者様の計画を設定・再設定を行っています。

  • 豊富なスタッフ

    多くのスタッフで患者様の状態に合わせ、充実したリハビリを提供しています。

  • 365日

    平日にも公休が取れるので、諸手続きにも便利です。

  • ケアミックス

    急性期~慢性期、在宅の患者様を幅広く担当できます。

  • 広いリハビリ室

    近隣では最大級のリハビリ室で、活気あるリハビリを提供しています。

  • 新人教育・委員会活動

    一人一人のスタッフが科全体の運営を担っています。

  • リハビリガーデン

    リハビリ室直結のガーデンがあり、応用動作練習も可能です。

  • 仲が良い・明るいスタッフ

    カンファレンスや業務・診療・勉強会を通して、スタッフ間での結束を深めています。

  • 最新機器・物品が充実

    レッドコードや、ドライブシュミレーターなどを患者様のリハビリに活かしています。

  • 技術研鑽

    技術向上の為、常に考え、日々努力しています。

  • イベント・レクリエーション

    枝豆の収穫や、季節に合わせた作品作りなど、集団でのレクリエーションを行っています

ラダーシステム

からの声

技士長より 求める人材とは

「誠心誠意努力して、患者様の人生に寄り添える人材」

常に最新の知識・技術を得ようとする勤勉さと、患者様の人生に寄り添う覚悟を持つ人材を求めています。
医療を取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。しかし、私たちは「患者様の為に」というセラピストとして軸になる部分にこだわり続け、決して妥協することなく、これからも歩んでいきたいと思っています。人が自分らしさを取り戻していく、その一端に関われることを誇りに思える、そんなセラピスト人生を一緒に過ごせる仲間がここにはいます。 
ぜひ、一度見学にいらしてください。

新入職員からの声

私が当院に就職したのは、地元だったこともありますが、ケアミックスにて急性期~慢性期まで幅広く患者様に関われるからです。入職1年目で悩むこともたくさんあり、プリセプターや先輩方に毎日相談しています。
また、頼りになる同期と切磋琢磨しながら日々臨床に励んでいます。
皆で元気に働いてみませんか?

新入職員からの声

まだまだ失敗や知識不足なところもありますが、プリセプターやチームの皆さんから手厚い教育をして頂いています。
イムス太田中央総合病院では、群馬県という地域に合わせ、ドライブシュミレーターを導入するなどに根ざしたリハビリを提供しています。地元愛溢れる環境の中で、患者様の笑顔を一緒に作ってみませんか?

新入職員からの声

過去の実績

  

過去の実績

Q.どのような患者さんが入院していますか?また、どんな疾患が多いですか?
A.脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患や大腿骨頸部頸部骨折の方が多いです。
Q.一般病棟、回復期病棟の配属はどのようにきめていますか?
A.スタッフの希望や適性を加味し決めています。
Q.病院の機能を教えて下さい。
A. 急性期から生活期まで幅広い機能を有しています。(詳しくはこちらへ)
Q.他部署との関わりやすさはどうですか?
A.運動会や忘年会などのイベントがあり、他部署との交流の機会がたくさんあります
Q.勉強会・学会に合わせて休みは取れますか?
A.休みを調整して長期の勉強会に参加するスタッフもいます。希望があれば相談して下さい。
Q.寮はありますか?
A.あります。空きがあれば、入居可能です。
Q.新人教育に力を入れているところを検討しているのですが…
A.当院独自のプログラムに沿って新人教育を行っています。プリセプターだけでなくチーム全体でフォローするシステムです。当院には、多種多様な分野で研修を修了してきたスタッフが多くいます。   また、グループの研修もあり、教育体制は万全です。
Q.STが院内で活躍する場はありますか?
A.STを中心となって活動している、当院発症の誤嚥性肺炎撲滅を目的とした摂食嚥下サポート委員会があります。
Q.STの治療評価としてどんなことを行っていますか?
A.高次脳機能面では机上の評価を中心に、嚥下面ではVFでの評価を行っています。

※気になることがあれば、ぜひ気軽に電話・見学受け付けております。
 みなさんからの連絡お待ちしております!!

TOPへ
IMSグループ 医療法人財団明理会 イムス太田中央総合病院

〒373-8513 群馬県太田市東今泉町875番地1
TEL:0276-37-2378(代表)


Copyright