• 文字サイズ変更
サイト内検索 powered by Google

各部署紹介

疾患別リハ
がん患者リハビリテーション

当院では、消化器・泌尿器等患者様へのがんリハビリテーションを行っています。
がん患者様の手術後の回復、化学療法を行う方の筋力低下・体力低下の予防介入、
自宅退院に向けた緩和ケアなど、がん治療の全ての段階においてリハビリテーションを提供しています。

がんリハビリテーションによる分類

予防的

がんの診断後の早期から開始する。機能障害はまだないが、その予防を目的とする。

回復的

機能障害、能力低下の存在する患者に対して、最大限の機能回復を図る。

維持的

腫瘍が増大し、機能障害が進行しつつある患者のセルフケア、運動能力を維持・改善する ことを目的とする。
自助具の使用、動作のコツ、拘縮、筋力低下、褥瘡など廃用予防の訓練 も含む。

緩和的

終末期のがん患者様に対して、そのニーズを尊重しながら、身体的・精神的・社会的にも QOLの高い生活が送れるように援助する。

直接的影響

骨転移による病的骨折、脳腫瘍(脳転移)に伴う片麻痺、失語症など、脊髄・脊椎腫瘍に伴う四肢麻痺、対麻痺、腫瘍の直接浸潤による神経障害

間接的影響

癌性末梢神経炎、悪性腫瘍随伴症候群(小脳性運動失調、筋炎など)
手術による影響:全身性機能低下、廃用症候群
開胸・開腹術後の呼吸器合併症など

手術による影響

全身性機能低下、廃用症候群、開胸・開腹術後の呼吸器合併症など

化学療法・放射線療法による影響

末梢神経障害、横断性脊髄炎、嚥下障害など

主なリハビリ

術後早期(翌日)からのリハビリを行い、呼吸器合併症の予防、筋力・体力の改善、廃用症候群の予防を行います。開腹術が予定されている患者様には術前から呼吸指導なども行います。
また、がんの告知や手術など、様々な喪失体験により、気持ちが落ち込んでしまうことも多いです。身体的なケアだけではなく、心理面へのケアも行います。

  • がん患者リハビリ①
  • がん患者リハビリ②
TOPへ
IMSグループ 医療法人財団明理会 イムス太田中央総合病院

〒373-8513 群馬県太田市東今泉町875番地1
TEL:0276-37-2378(代表)


Copyright