• 文字サイズ変更
サイト内検索 powered by Google

診療科のご案内

ものわすれ外来

診療科紹介

このような症状があったら、もの忘れ外来の受診をおすすめします。

  • 自分で最近、物忘れが多くなって来たと心配になってきた。
  • 家族から見て物忘れが多いのではないかと心配になってきた。
  • 今迄出来た、仕事が出来なくなってきた。
  • 毎日、同じ献立しか作らなくなってきた。
  • 小銭入れにたくさんの小銭が増えてきた。
  • テレビや新聞などに興味がなくなり、大きな事件も覚えていない。
  • 広い駐車場で、迷ってしまった。駐車場で自分の車の置場所が分からなくなった。

診療について

受診していただいた本人と家族の方に十分に話を聞かせていただき、その後に、簡単なことを覚えることが出来るか、計算が出来るか、図形が描けるかなどを調べます。それから頭部MRIという頭の状態を調べる検査で、脳の萎縮がないかどうか、脳梗塞が、脳腫瘍がないかどうかなどを調べます。

患者さんの症状や検査を綜合して、もの忘れが単に心配しすぎの症状なのか、年を取ったために起きた正常のことなのか、気持ちの落ち込めによるもの忘れが生じているのか、全身の病気による、もの忘れなのか、脳梗塞などによるものなのか、あるいはアルツハイマー病によるものかを診断します。

もの忘れの中でも、治療可能なものは、原因に応じて治療を行います。アルツハイマー病は、現時点では根本的に治すことはできないので、症状を改善する薬を服用していただくことになります。この薬によりかなり症状が改善する方もいます。興奮や、幻覚、妄想などの症状が強いときはそれを抑える薬を服用することもあります。

もの忘れの場合、大切なのは、それがどのようなものであるか、また、原因は何であるかをきちんと知っておく必要があります。それによって不安をなくしたり、今後の生活をどのようにしていったらよいかを知ることです。

もの忘れの原因をなるべく早く調べ、一日も早く正しく対処することが必要です。

もの忘れについて

エピソード1

一流大学を出て、大会社の重役さんをされた老紳士。
今日は何年何月何日で、今の総理大臣はどなたですか?の質問に「先生、人を試すようなことは誠に失礼ですぞ」「申し訳ありません。これも仕事の一環でして、お答え下さい」気を取り直し答えてくださったのが、「昭和30年6月1日で池田勇人」実際は平成21年2月3日・・・・。

エピソード2

~さん こんだMRIといって頭を輪切りにして見る検査をしましょう。
私しゃあ頭を輪切りにするなっていやですよ。とても痛そうで
だいいち血がたくさん出て死んでしまう。と大変怒っていう。
治療開始して1年2ヶ月。今ではとても可愛らしい笑顔を見せるおばあちゃまです。

エピソード3

犬と散歩に出た。犬だけ帰ってきた。

TOPへ
IMSグループ 医療法人財団明理会 イムス太田中央総合病院

〒373-8513 群馬県太田市東今泉町875番地1
TEL:0276-37-2378(代表)


Copyright