採用情報

施設検索

イムス札幌消化器中央総合病院

  • 急性期
  • 維持期
  • 訪問リハ

イムス札幌消化器中央総合病院

概要

  • 開設/昭和34年
  • 職員数/約370名
  • 病床数/183床
  • スタッフ数/PT 19名 OT 7名 ST 3名
  • 勤務時間/8:30~17:30
  • 休暇/公休 年間108日
疾患比率
職種別スタッフ数(単位:人)
業務概要など
患者数比率:入院90%・外来10%
代表的疾患:胃癌、肺炎、腰椎圧迫骨折、消化器系疾患等による廃用症候群等
特徴
病院名にある消化器を中心とした急性期の患者様を中心として患者層であると同時に、総合病院として様々な患者層が幅広い患者層となっています。また、地域からの求められる病院として、訪問看護、訪問リハなどの地域へのサービスへ積極的に取り組んでいます。

新人教育
多様化する病院機能と患者様のニーズに応えるために、新卒者採用と教育へはかなり力を入れて行っています。科内におけるプリセプター指導や勉強会に加え、グループメリットを活かした合同研修会なども実施しています。

研修、学会発表等
科内、院内の定期的な研修はもちろん、グループ内研修や年間予算を活かした外部研修を利用した教育も行っています。科内勉強会(週1回)ケースカンファレス(週1回)、疾患別リハ検討会(週1回)、外部研修伝達講習会(週1回)、科内事例発表会(科内全スタッフ年1回発表)

所属長からのメッセージ

search_42_staff1-image.jpg

理学療法士 中村 知毅
(札幌総合医療専門学校卒)

当院は消化器科に特化しつつも、同時に総合病院として、幅広い診療科がある病院です。認定資格者の養成など急性期としての専門性の高い取り組みと同時に、早期の在宅復帰に向けた支援、退院後の訪問リハビリに力を入れて取り組んでいます。興味のある方ぜひ見学に来て下さい。

各部門責任者からのメッセージ

search_42_staff2-image.jpg

理学療法部門 責任者 河内 一将
(北海道リハビリテーション大学校卒)

一緒に目指そう!急性期における生活リハスペシャリスト

search_42_staff3-image.png

作業療法部門 責任者 杉山 瞬
(横浜リハビリテーション専門学校卒)

認知症領域・手の外科等、OTとしての専門性を高めます!

search_42_staff4-image.jpg

言語聴覚療法部門 責任者 髙村 和良
(北海度医療大学卒)

VF・VEも駆使、多職種連携で経口摂取につなげます!

見学問い合わせ先
TEL:TEL:011-611-1391(担当 総務課 阿久津・八木)
  • 施設ホームページへ
  • エントリー

ページトップへ