採用情報

施設検索

丸森ロイヤルケアセンター

  • 老健
  • 訪問リハ
  • 通所リハ

丸森ロイヤルケアセンター

概要

  • 開設/平成14年
  • 職員数/約100名
  • 病床数/入所100床 通所リハ50名
  • スタッフ数/PT 2名 OT 7名 ST 2名
  • 勤務時間/8:45~17:45
  • 休暇/公休 年間109日
業務概要など
平均介護度:入所3.48 ・通所リハ2.5
在宅復帰率:17%
代表的疾患:脳疾患、骨折、老年期障害 等
特徴
当施設では認知症などの老年期疾患、骨折や脳血管障害の利用者様一人一人にあったリハビリが提供できるよう、日々スタッフ間で話し合いながら、PT、OT、STがそれぞれの特性を生かしたアプローチを行っています。またH25年には訪問リハビリテーションを開設、施設内でも在宅復帰のプロジェクトを立ち上げ、在宅リハビリにも積極的に取り組んでいます。

新人教育
教育担当者を決め、1対1での指導を行います。入職後1ヶ月間は教育担当者と共に評価やカンファレンス等へ同席し指導を受けたり、セラピスト同士での機能訓練の練習を実施します。2ヶ月程経過してから、担当ユニットを決定し、教育担当者の指導のもと実際に評価やカンファレンスに関わっていきます。また教育担当者だけでなく、他のスタッフも含めチームでサポートしていきます。
勉強会・症例検討
年に一度開催されるIMSグループのリハビリテーション学会への参加や発表。
H25年度の学会には入職1~2年目のスタッフがフレッシュマンとして、H28年度にはポスター発表にて、参加しました。

所属長からのメッセージ

search_49_staff1-image.png

理学療法士 桜井 重子
(東北医療福祉専門学校卒)

私達の施設は宮城県丸森町という自然豊かで、高齢化率も県内トップクラスという悩ましい部分も持ち合わせた地域です。リハビリのニーズも高く、在宅復帰に向けた機能訓練や訪問指導などに加えて、地域全体への啓蒙活動や地域事業の展開も幅広く応えていかなければなりません。訪問リハビリの事業も兼ね備えて、幅広い展開を目指しています。皆さんも興味があれば是非、見学をしてみませんか?

各部門責任者からのメッセージ

search_49_staff3-image.png

理学療法部門 責任者 岡﨑 のぞみ
(東北文化学園大学・平成24年卒)

リハビリテーション課内ではディスカッションの機会を多く持ち、経験年数を問わず互いの考えを大切にしています。また、他職種との意見交換や情報共有を積極的におこない、利用者様にとって今何が必要かを常に考えながら関わりを持っています。多くを学び、多くを吸収できる環境です。ぜひ一度見学にいらして下さい!お待ちしています!

search_49_staff4-image.png

作業療法部門 責任者 安倍 大輔
(仙台医療技術専門学校・平成18年卒)

地域的に、多種多様な環境や生活スタイルに合わせたリハビリテーションが求められる場所です。そんな中、1人の作業療法士としてどう関わっていけるのか自問自答を繰り返しながら取り組んでいます。多職種との連携も欠かせません。興味があれば是非一度見学にきてください。

search_49_staff4-image.png

言語聴覚療法部門 責任者 八巻 浩道
(仙台医療福祉専門学校・平成19年卒)

オープンスペースにて、ST療法を実施しております。身体リハビリの様子も観察でき、風通しが)良い環境です。

見学問い合わせ先
TEL:TEL:0224-73-1101
  • 施設ホームページへ
  • エントリー

ページトップへ