自宅で介護されている方を応援します。当施設へご相談ください。

文字サイズ変更

部署紹介

作業療法士:OT

“作業”とは、単に編み物などの手作業を意味するのではなく、生活を送る上で行う食事・排泄・更衣・整容・寝起き動作など生活全般の動作を示しています。
障害で一度失われた・低下した能力を再獲得するため、残存能力を引き出し強化するだけではなく、出来ないことを補う、自助具や福祉用具の選定・導入を行います。
身体面だけではなく、認知症リハビリテーション(回想法・記憶訓練法など)やグループでの料理会、歌の会なども実施しています。
近年では、住み慣れた地域・自宅でまた安心して生活出来るよう、自宅復帰支援(家屋調査・環境調整・家族指導など)にも力をいれています。

作業療法士:OT

理学療法士:PT

理学療法では、特に「起きる」「立つ」「歩く」といった基本動作能力の向上や、日常生活動作の獲得に繋がるよう、筋力や関節等の機能面・各動作に対して積極的にリハビリしています。

理学療法士:PT

言語聴覚士:ST

病気や事故、加齢により話す・聞く・食べるなどに問題が生じた方々を支援する専門職です。失語症や構音障害などによってコミュニケーションを図ることが困難になった方には、その能力が回復・維持出来るようリハビリを行います。
さらに「食べる」という行為が上手く出来なくなった方に対しても、その能力を回復・維持出来るようリハビリを実施します。

言語聴覚士:ST

歯科衛生士:DH

  • 口腔機能維持管理のため、歯科衛生士による口腔ケアを提供します。
  • 口腔ケア=お口の中のお手入れです。誤嚥性肺炎・口腔疾患の予防を目的に行います。
  • 口腔内は、食事時よく噛むほど唾液を多く分泌します。これにより口腔内が自浄されますが、口から食べられない方・柔らかい食事が多い方・歯がない方は、お手入れが難しくなります。
  • 口腔内は細菌が多いため、むせ込む事で肺炎を引き起こす場合があります。
  • 唾液は、加齢と共に減少するため、口腔内が乾いてむせ込み易くなります。
  • このためにも、口腔ケアが重要になります。

施設ケアマネージャー/相談員

施設ケアマネージャー

現在3名体制で対応しております。
入所前に、自宅や病院・施設に訪問し、ご本人の状態や意向を確認致します。また、在宅復帰に向け、自宅へ訪問したり、居宅ケアマネージャーや関係事業所との連絡調整をしたりしながら施設内外との連携を図れるようにしています。
入所決定後は、ご本人・ご家族の意向に基づいて、目標を設定し、ケアプランを作成します。定期的にカンファレンスを開催し、ご本人・ご家族・スタッフ間と意見交換・情報共有の場を設けております。課題の解決や不安感の軽減にむけて、連携を密にしながら多職種でのチームケアで、在宅復帰をサポートできるように取り組んでいます。

施設ケアマネージャー

相談員

当施設の支援相談員は社会福祉士の国家資格を持ったスタッフが専門的な見地から、利用 者自身がその人らしい生活が送れるように、サポートするお仕事です。
具体的には、入所前のお申し込みやお申込み後のご自宅や病院・施設への訪問、入所までの調整・手続きに関わらせていただきます。また、入所後には、ご自宅での生活に向け(在宅復帰)支援を行い、その後もご自宅で生活が継続できるように多職種のスタッフと協働し、支援させて頂きます。

相談室よりおしらせ

相談員

栄養課

疾病に対応した食事(糖尿病食・腎臓病食、心臓病職など)や、噛むこと、飲み込みの問題に対応した食事を、入居者様ひとりひとりに合わせて提供しております。月1回以上の行事食や、お誕生日には特別メニューもご用意しております。

栄養課

薬局

薬局は薬剤師1名、助手1名により主に以下の業務内容で入所者様への医薬品の供給をしております。

  • 調剤業務:
    医師の処方に基づいた一包化調剤、払い出し及び持参薬の一包化調剤
  • 医薬品管理:
    医薬品の品質管理、使用状況に応じた在庫管理等
  • 医薬品情報管理:
    採用薬品の薬品名変更、副作用等の情報を収集し、関係者への提供。

薬局

看護部

当施設の新人教育はプリセプター制度を導入しています。経年別教育に関してはIMS本部での研修がありますが、施設内でも接遇や感染防止などの学習会を行い、職員のスキルと知識の向上に努めています。
また、入居者様に対しては、リハビリや行事を通して楽しく、その人らしく過ごしていただくことを心がけています。今年度は特に、介護のチームナーシングや看取り、口腔ケアに力を入れています。

看護部パンフレットはこちら

看護部