自宅で介護されている方を応援します。当施設へご相談ください。

文字サイズ変更

部署紹介

リハビリテーション課(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士)

利用者様一人一人に合わせたリハビリを行い、自立支援や在宅復帰に向けて能力を最大限引き出すお手伝いをします。

リハビリテーション課3つのポイント

Point①在宅復帰強化型施設

「自宅でもう一度生活したい‼」と考えている利用者様・家族様のために住み慣れた自宅・地域でまた安心して生活し、笑顔・自信を取り戻せるようお手伝いいたします。

リハ
洗濯などの生活動作練習

リハ
ポータブルトイレを使った練習

Point②余暇時間の充実

リハビリや食事、トイレなど以外の時間をより充実して過ごして頂けるよう、各フロアで頭の体操のプリントを行ったり、認知症専門棟では週に2回縫い物やネイルケアなど、利用者様が楽しめる内容を考え、元気サークルという名前で活動を行っています。

リハ
計算プリントで頭の体操

リハ
みんなで一つの作品を作ります

Point③リハビリスタッフの充実

H29年10月現在リハビリスタッフは15名在籍しており、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士はもちろん、歯科衛生士も加えて様々な視点から利用者様の自立支援に向けて定期的に勉強会などを行いながら、他職種と共に介入をしています。

リハ
勉強会の様子

リハ
リハビリの様子

施設ケアマネージャー/相談員

施設ケアマネージャー

現在3名体制で対応しております。
入所前に、自宅や病院・施設に訪問し、ご本人の状態や意向を確認致します。また、在宅復帰に向け、自宅へ訪問したり、居宅ケアマネージャーや関係事業所との連絡調整をしたりしながら施設内外との連携を図れるようにしています。
入所決定後は、ご本人・ご家族の意向に基づいて、目標を設定し、ケアプランを作成します。定期的にカンファレンスを開催し、ご本人・ご家族・スタッフ間と意見交換・情報共有の場を設けております。課題の解決や不安感の軽減にむけて、連携を密にしながら多職種でのチームケアで、在宅復帰をサポートできるように取り組んでいます。

施設ケアマネージャー

相談員

当施設の支援相談員は社会福祉士の国家資格を持ったスタッフが専門的な見地から、利用 者自身がその人らしい生活が送れるように、サポートするお仕事です。
具体的には、入所前のお申し込みやお申込み後のご自宅や病院・施設への訪問、入所までの調整・手続きに関わらせていただきます。また、入所後には、ご自宅での生活に向け(在宅復帰)支援を行い、その後もご自宅で生活が継続できるように多職種のスタッフと協働し、支援させて頂きます。

相談室よりおしらせ

相談員

栄養課

疾病に対応した食事(糖尿病食・腎臓病食、心臓病職など)や、噛むこと、飲み込みの問題に対応した食事を、入居者様ひとりひとりに合わせて提供しております。月1回以上の行事食や、お誕生日には特別メニューもご用意しております。

栄養課

薬局

薬局は薬剤師1名、助手1名により主に以下の業務内容で入所者様への医薬品の供給をしております。

  • 調剤業務:
    医師の処方に基づいた一包化調剤、払い出し及び持参薬の一包化調剤
  • 医薬品管理:
    医薬品の品質管理、使用状況に応じた在庫管理等
  • 医薬品情報管理:
    採用薬品の薬品名変更、副作用等の情報を収集し、関係者への提供。

薬局

看護部

当施設の新人教育はプリセプター制度を導入しています。経年別教育に関してはIMS本部での研修がありますが、施設内でも接遇や感染防止などの学習会を行い、職員のスキルと知識の向上に努めています。
また、入居者様に対しては、リハビリや行事を通して楽しく、その人らしく過ごしていただくことを心がけています。今年度は特に、介護のチームナーシングや看取り、口腔ケアに力を入れています。

看護部パンフレットはこちら

看護部