トップページ > 当院について > 部門紹介 > リハビリテーション科

当院について

リハビリテーション科

理念と特色

リハビリテーションとは単に機能の回復を目指すことではなく、その方や周りの方の生活や人生をより良くするためのものであると考えています。

身体的なことだけではなく、精神的・社会的にも最大限の回復をし、その方がその方らしい生活・人生を送れるようになるためのお手伝いが、リハビリテーション科の行うべきことです。

当リハ科に在籍する理学療法士30名、作業療法士24名、言語聴覚士5名、マッサージ師1名が、各種勉強会・研修会への参加や開催、資格取得などを行っています。
個々の治療者がそれぞれに得意分野を持つことで、多角的な視点を持ったリハビリテーション科となります。
認知症ケア専門士を配置して認知症に対するリハビリテーションにも力を入れ、また、福祉用具の選定アドバイスやご家族様のサポートなど、患者様ひとりひとりに合った質の高いリハビリテーションを提供いたします。


患者さま及びご家族さまへのお願い

  • 学術研鑽のための研究発表や、後進育成のための実習指導などにご協力いただくことがあります。
  • 訓練室内における飲食は衛生上、ご遠慮ください(治療目的で行う調理訓練は除きます)。
  • 治療目的以外で来室される患者さまの事故などは責任を負いかねます。
  • 患者さまやご家族様からのお心付けはご遠慮させていただきます。
  • 0~6歳までのお子様は感染防止のため、リハビリ見学はできません。
  • 個人情報の保護の目的から、写真などの撮影を希望される方は職員にお声をかけください。また、撮影はほかの患者さまが写らないようお願いします。