トップページ > 当院について > 部門紹介 > 臨床工学科

当院について

臨床工学科

現在さまざまな医療機器が進歩し、病院にはたくさんの高度医療機器が普及されてきました。これら機器の性能を維持、管理して安全に操作することが求められ、臨床工学科が設立されました。臨床工学科では医師の指示のもとに生命維持管理装置の操作、保守点検、管理を行っています。病院内にある医療機器の管理を行い、チーム医療の一員として患者さまへより良い医療・安全な医療の提供を目指しています。

主な業務

血液浄化業務

透析室(10床)での血液浄化業務全般に携わっています。透析液の作成から水質管理、透析液の清浄化、プライミング、穿刺、回収。そして様々な透析装置の操作、定期点検を行い、安全な治療が行える状態にしています。

院内機器管理

院内の医療機器(人工透析装置、人工呼吸器、除細動器、輸液ポンプ、シリンジポンプなど)の保守、点検、管理をし、安全性確保と有効性維持に貢献しています。また、医療機器メーカーや厚生労働省などの関連省庁から、最新の医療機器安全情報を収集し、関連する部門や職員への情報提供を行っています。