トップページ > 当院について > 病棟のご案内 > 回復期リハビリテーション病棟

当院について

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管疾患または大腿骨頸部骨折などの患者さまに対して、ADLの向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。

当院における回復期リハビリテーション病棟の概要

【寝たきり防止】【日常生活活動能力の向上】【家庭復帰】を目標に、患者さま・ご家族と共に職員一丸となって入院から退院までをサポートいたします。

脳血管障害や骨折などで日常生活に支障を生じた患者さまに対し、生活に必要な動作能力・身体機能の向上や代替手段の獲得のため、医師・看護師・介護福祉士・リハビリテーション技師・ソーシャルワーカーなどの専門職種が共同で、一人ひとりの患者さまに応じた最適なプログラムを作成し、予定された入院期間内で集中的・効果的にリハビリテーションを行います。

回復期リハビリテーション病棟の対象患者さま

発症後または手術後
60日以内
  • 脳血管疾患・脊髄損傷
  • 大腿骨・骨盤・脊椎・股関節・または膝関節の骨折
  • 外科術後または肺炎などの治療の安静により生じた廃用症候群
損傷後
30日以内
大腿骨・骨盤・脊椎・股関節または膝関節の神経・筋・靭帯

回復期リハビリテーション病棟の入院期間

脳血管障害では通常90日~150日・最長180日以内、骨折などの整形外科疾患では通常60日・最長90日以内です。

7階病棟のリハビリテーション体制について

  • リハビリテーションの専門職は理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を配置しており、1人の患者さまに3~4名の専門スタッフが担当し、リハビリテーションを行います。
  • 個々の患者さまに応じたプログラムでリハビリテーションを展開するため、患者さまによって担当職種や訓練開始時間および所要時間、頻度、訓練内容などが異なりますのでご了承ください。また、その日によっても訓練内容など異なる場合があります。

回復期リハビリテーション病棟実績

準備中です

病棟紹介

本館7F 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患や骨折の手術後の患者さまなどが、急性期の治療を終えてリハビリテーションを行うために、入院される病棟です。
当病棟では医師をはじめ、リハビリスタッフやソーシャルワーカーなど、他職種のスタッフと協力しながら、チームで患者さまの回復を目指しています。できるだけ多くの患者さまが笑顔でご自宅へ退院できるよう、スタッフも笑顔を大事に、毎日看護を行っています!