トップページ > 当院について > 病棟のご案内 > 医療型療養病棟

当院について

医療型療養病棟

医療型療養病棟とは

医療型療養病棟は、急性期医療の治療後、引き続き医療提供の必要性が高く、病院での療養が継続的に必要な患者さまにご利用いただく病棟です。

医療型療養病棟の特徴

下記における病名・状態が医療型療養病棟の対象であり、厚生労働省が定めた医療区分およびADL区分により、包括評価を行います。

医療区分3
対象疾患 スモン
【対象となる状態】
医療区分2
対象疾患 筋ジストロフィー、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病関連疾患、その他神経難病(スモンを除く)、神経難病以外の難病、脊髄損傷、肺気腫、慢性閉塞性肺疾(COPD)、悪性腫瘍(疼痛コントロール)
【対象となる状態】
医療区分1
  • 医療区分2・医療区分3に該当しない方
ADL得点の算出方法と区分

当院における医療型療養病棟の概要

当院では、3病棟/154床が医療型療養病棟となります。

  • 本館4階
    【48床】
  • 本館6階
    【54床】
  • 本館8階
    【52床】

当院における医療型療養病棟の対象患者さま

上記区分に該当する方

病棟紹介

本館4F 療養病棟

本館4階病棟は、医療型療養病棟です。脳血管疾患後遺症、くも膜下出血後遺症の方の割合が多く、医療的状態管理をしながら療養生活を送っていただいています。
日常的には医師・看護師・リハビリなどとチームで連携を取り、患者さまにとってより在宅生活に近づいたケアを行い、退院支援を目指しています。また、状態変化のある方へは、急性期病院に転院することなく、急性期~亜急性期の医療・看護を行っており、人工呼吸器も複数台稼働しています。そして、在宅療養者の病状悪化時には緊急入院を受け、在宅支援も行っています。さらに悪性腫瘍の末期の疼痛コントロールや看取りも行っています。
1つのフロアでありながら、これからの慢性期病院が地域に求められている機能を併せ持っており、看護師としての領域適応力の成長が望める病棟です。先輩から後輩へと、日々現場で、生きた教育が行われています。

本館6F 療養病棟

患者さまは脳梗塞後遺症や糖尿病をはじめ、様々な疾患や障害を持ちながら、治療やリハビリなどの入院生活を送っています。
スタッフは10代~70代と幅広い年齢層が働いており、経験も様々です。そのため、患者さまのケアにスタッフの幅広い意見や感性を活かし、活気ある職場づくりに向けて取り組んでいます。
患者さまが安心できる看護を提供するとともに、患者さまとスタッフの双方が「今日はいい日だった」「明日も頑張ろう」と思えるような病棟づくりを目指しています。

本館8F 療養病棟

本館8階は52床の療養病棟です。脳出血・脳梗塞の後遺症や糖尿病・認知症の方が多く、多くの病気を持っていらっしゃるのが特徴です。自分から症状を訴えられなかったり、1人でできないことがあったり、日常生活の上でも多くの援助が必要です。
職員は家庭を持っている人が多く、子育て奮闘中の人もいます。家庭と仕事との経験を生かしながら、日々看護を行っています。高齢者の特徴や病状を理解し、患者さま、ご家族の思いを大切にした看護ができるように協力し合って日々頑張っています。